推奨されるアプローチ

エンタープライズレベルの AEM Screens プロジェクトは、すべて長期的な取り組みと考えることをお勧めします。特に、ソリューションでユーザーとの複雑なやり取りが可能な場合や、ソリューションが様々なデバイスや場所にデプロイされる場合には、プロジェクト期間が 1 年以上になる可能性が高くなります。

デジタルサイネージ戦略を策定する前のガイドライン

デジタルサイネージプロジェクトを開発およびデプロイする前に、以下の推奨事項を参照してください。

  • プロジェクト範囲の制御:目的とするソリューションが野心的な場合は、成果物を個別のフェーズに分割して、プロジェクトの範囲を制御することをお勧めします。

  • 定義済みの使用例:プロジェクトの各フェーズでは、成功基準が明確な厳密に定義された使用例を成果物として提供する必要があります。

  • 増分的な成果物:機能の増分的な提供に重点を置きます。

  • 目的とする結果の推定:カスタムコンポーネントや統合を構築する前に、AEM Screens の既製の機能をまず使用します。AEM Screens に標準装備のコンポーネントや機能を使用して目的の結果を達成できるかどうかについて、常にブレインストーミングをおこないます。

  • パイロット、ロールアウト、POC の定義:概念実証(POC)を作成し、パイロットやロールアウトを通じて必要に応じて調整します。

  • コンテンツ戦略の事前定義:短期目標や長期目標を含むコンテンツ戦略を策定します。さらに、ブランド目標/KPI を機能改善に合わせて調整します。

    メモ

    AEM Screens プロジェクトでは、ハードウェア、設備、サイトデザインに投資する必要があるので、多くの場合、初期費用が高くなります。したがって、初期のコンテンツソリューションをよりシンプルなものに保つことで、予想される予算を管理できます。

  • 大規模な成果物の推定:ソリューションの大規模な成果物が提供される場合は、試用のために慎重に選択したパイロットロケーションにアプリケーションのコンポーネントを展開することをお勧めします。アプリケーションが検証に合格すると、新しい場所やデバイスに成果物を展開します。

    メモ

    パイロット中に分析データの収集を開始すると、達成を目指す特定の指標に照らして、ビジネスチームがソリューションの成否を検証できるようになります。パイロットのパフォーマンスを把握することで、ビジネスチームは必要な改善点を特定できます。

  • 測定可能なタスクへの成果物の分割
    機能の実現を測定可能なタスクに分割することで、タイムリーなフィードバックが可能になり、より達成可能な目標が得られ、全体的なプロジェクトリスクが軽減されます。

  • ロードマップの作成:クライアントが機能豊富な製品を望む場合は、予定している機能の一部をプロジェクトの初期段階で提供し、残りの機能を後のフェーズで提供するようにスケジュールを設定します。最初の成果物に機能を詰め込みすぎると、リスクが大きくなり、クライアントと共に検証することが難しくなります。

  • カスタム統合の範囲の理解:タッチスクリーンインタラクション機能、モーションセンサー、RFID などを備えたインタラクティブコンポーネントを使用するには、実装方法での相当なカスタム開発が必要になります。スライドショー、ビデオ広告、静的メニューなどは、グラフィックコンテンツまたは HTML として Screens チャネルで提供できます。

このページ