サポートと監視

ここでは、デジタルサイネージプロジェクトにおけるデバイスとコンテンツの異常の管理に関するベストプラクティスを紹介します。

「サポートと監視」には次のものがあります。

  • デバイス監視
  • コンテンツ監視

コンテンツ監視

コンテンツ監視を利用すると、画面に正しく表示されないコンテンツに関する問題のトラブルシューティングをおこなうことができます。

  1. 画面に何も表示されないという問題が発生した場合:

    • プレビュー​を確認して、チャンネルに黒い画面が表示されているかどうかを調べます。
    • そのディスプレイに接続したノート PC に​ローカルの Chrome プレイヤー​を(拡張機能として)登録して、ディスプレイに黒い画面が表示されるかどうかを確認します。
    • 右クリックし、該当するログ​を調べます。

    さらに、この問題がローカルプレイヤーで発生せず、デバイスでのみ発生する場合は、次の手順を実行します。

    • そのデバイスで問題が発生する可能性のある​メディアタイプ(使用中のもの)を調べ、コンテンツがローカルに正常にダウンロードされたかどうかを確認します(Admin UI でチャネルのキャッシュをクリア)。
    • すばやくトラブルシューティングをおこなうため、すべての​デバイスログ​をチケットに含めます。
    • AEM からデバイスの​ログを収集​します。

デバイス監視

画面に何も表示されないという問題が発生した物理デバイスの監視に関連するデバイス監視は、次のとおりです。

  1. 画面に何も表示されないという問題が発生した場合:

    • ディスプレイ​の電源が入っているかどうかを確認します。
    • コンピューター​の電源が入っていて信号が送信されているかどうかを確認します。
    • 右クリックし、該当するログ​を調べます。

このページ