ワイヤーフレーム

メモ

このアクティビティの典型的な関係者は、マーケティング/ビジネスストラテジストです。

ワイヤーフレームは、提供予定のデジタルエクスペリエンスを視覚的に表現したものです。

このプロセスは次のものに適用できます。

  • アセットレベル表示
  • チャネルレベル表示
  • プロジェクトレベル表示

これにより、プロジェクトをプロトタイピング段階から実際の導入段階に近づけることができます。

アセットレベル表示​では、様々なコンテンツレイアウトオプションとコンテンツグループを定義するワイヤーフレームを作成する必要があります。これは、類似した外観の複数のコンテンツをグループとしてまとめる場合に、それらのコンテンツを定義するのに役立ちます。通常、このアクティビティでは、実稼動に対応した実際のグラフィック、画像、ビデオを使用します。

チャネルレベル表示​では、埋め込みチャネルの再生戦略を含めて、エクスペリエンス全体でコンテンツチャネルがどのようにリンクされているかを示すワイヤーフレームを作成する必要があります。また、データトリガーが関与する際に発生する可能性のあるチャネル遷移を確認することもできます。

プロジェクトレベル表示​では、複数の画面やエクスペリエンスが物理空間で連携してマルチタッチポイントの完全なユーザージャーニーを実現する方法のモデリングを開始できます。

これは、既に作成した UX ジャーニーマップと整合する必要があります。

このページ