ユーザーエクスペリエンスのプロトタイプ作成

メモ

このアクティビティの典型的な関係者は、マーケティング/ビジネスストラテジストです。

UX ジャーニーマップで以前定義したアイデア、前提条件、依存関係を、UX プロトタイプ作成を通じてテストすることが重要です。

このプロジェクトのこのフェーズでは、コア機能により焦点を当て、実際の UX の改良はあまり重視しません。

通常は、この段階でサンプルまたは FPO コンテンツを使用して、プロジェクト管理者や主要関係者が UX フローの重大なギャップや、再生および関連するトリガーイベントのタイミングの問題を特定することができます。また、このフェーズでは、アセットの配置、拡大/縮小、サイズに関する潜在的な問題を明らかにすることもできます。

エクスペリエンスをプロトタイプ化することで、コンテンツの消費方法、発生する可能性のあるインタラクション、エクスペリエンスの意図したフローを乱す可能性のある外部データ依存関係についての様々なシナリオをシミュレートできます。

様々な使用例が既に作成されており、具体的なエクスペリエンスのプロトタイプ作成の参考または出発点として役に立ちます。

メモ

UX の設計フェーズでは、抽出したデータが UI デザインを十分サポートできることを確認します。
例えば、必ずしもすべての意思決定者が製品データベースのデータ構造に詳しいとは限りません。データレイヤー内の主要フィールドではない記述子を、UX ソリューション上で選択する可能性もあります。データの操作が必要な箇所を早期に特定し、それをクライアントに伝えることで、後で誤解が生じるのを避けることができます。開発が始まった後でクライアントが UI ラベル付けの拡張または変更を決定した場合は、変更に対応するためにさらに多くの作業が必要になります。

このページ