Dynamic Creative Optimization

メモ

このアクティビティの典型的な関係者は、AEM 実装担当者です。

Dynamic Creative Optimization(DCO)は、特定の時点での特定の場所における特定のユーザーに固有の状況を反映したデジタルサイネージエクスペリエンスを作成する場合に使用します。

これは、コンテンツのクライアント側フラット化とも呼ばれます。

これをおこなう主な理由は、各プレイヤーデバイスまたはエンドポイントでデータセットを使用して、再生するのに最適なコンテンツを様々な要因に基づいて自動的に決定できるようにすることです。

これにより、コンテンツオーサリングに関しては、人間が絶えず介入しなくてもよくなります。その結果、ネットワークの運用に必要な総所有コストが削減され、デジタルエクスペリエンスの関連性、状況適合性、有効性が高まります。

次のような例があります。

  • お買い得商品の最新の在庫レベルの使用
  • 屋外の気温または天気
  • 地元のメディア広告キャンペーンの存在
  • 顧客が商品を選んで調べるときなどに発生する Web トラフィックやローカルイベント

これらを始めとするあらゆる情報を使用して、より高いレベルのコンテキストとパーソナライゼーションを提供できます。

DCO を含む視覚的マーチャンダイジング戦略を採用すると、ネットワーク閲覧者数を大幅に増やすことができます。

データトリガーには主に次の 2 種類があります。

  • ローカルデータトリガー:デバイス上でローカルに発生するデータトリガーです。例えば、画面をタッチすると、センサーが作動し、ローカルデータアセットまたはチャネルの切り替えがトリガーされます。
  • リモートデータトリガー:Web サービス API から返された値に基づいて、チャネルまたはアセットの切り替えがトリガーされます。

このページ