プロジェクト分類

メモ

このアクティビティの典型的な関係者は、AEM 実装担当者です。

AEM Screens プロジェクトを作成する前に、プロジェクトの UX ワイヤーフレーム段階で定義されたすべてのコンポーネントを理解し戦略化することが重要です。

AEM Screens デジタルサイネージソリューションを実装する前に、以下の要素を必ず検討してください。

  • ロケーション
  • メディアゾーン
  • ディスプレイ
  • スケジュール設定
  • コンテンツのプレビュー

これらの用語については、用語集を参照してください。

メモ

以下の使用を検討することをお勧めします。

  • Screens プロジェクトに自動入力するハードウェアアセットデータベース
  • すべてのプレイヤーに特定の AEM インスタンスを自動的に参照させるテキスト設定ファイル

AEM Screens プロジェクトの実装

AEM Screens の作成者は、利用可能な AEM Screens コンポーネントを使用するユーザーエクスペリエンスの作成および管理を担当します。作成者は、AEM Screens の使用可能なセグメントを設定、導入、統合することで、コンテンツを作成およびレビューし、使いやすいグラフィカルユーザーインターフェイスを提供します。

メモ

作成者は、チャネルを与えられたシーケンスから作成し、キャンペーンオーディエンスおよび望ましいフォーカスを把握しています。AEM Screens の作成者は、多様なチャネルを作成し、シーケンスをタイムチャネル体験に割り当てることで、指定時刻に動作するエンドユーザー体験を作成して編成します。

AEM Screens プロジェクトを開始する際に作成者は、通常、以下をおこないます。

メモ

さらに、CSV/XLS スプレッドシートから AEM Screens プロジェクトに一連の場所を一括インポートすることもできます。詳しくは、ファイルをソースとする新しいプロジェクトインポーターを参照してください。

このページ