機能パック 202112 のリリースノート

注意

最新バージョンの Adobe Experience Manager(AEM)にアップグレードすることをお勧めします。Screens では、AEM 6.3 Screens プラットフォームのメンテナンスサポートを提供しています。

入手方法

AEM Screens は、AEM 6.5 機能パック 10 をリリースしました。

Adobe ID を使用して、AEM Screens 6.5.10 リリースの最新の機能パックをソフトウェア配布ポータルからダウンロードできます。「Adobe Experience Manager」タブに移動し、「Screens」を検索して「AEM 6.5 Screens FP10」というタイトルが付いた最新の機能パックを入手します。

リリース日

AEM Screens 機能パック 202112 のリリース日は 2021年12月17日(PT)です。

新機能

  • Android アプリケーションのアップデートは、Android 11(API レベル 30)を対象とするようになりました。現在、Android プレーヤーは API レベル 29 をターゲットにしています。

  • 開発者は、マニフェストの処理の拡張性、明確性、容易さを確保するために、マニフェスト内の対応するアセットの下にレンディションエントリとしてのみリストされるアセットレンディションを表示できるようになりました。

バグ修正

  • イベントタイプに基づいて分析イベントをフィルター処理できるようになりました。

  • オンプレミスプレーヤーのログを収集し、ブラックスクリーンがないか分析します。

  • 画面チャネルを分割したときにプレーヤーに空白画面が表示される問題を修正しました。

  • 公開 Maven にコアバンドルを追加することで、カスタムハンドラーのドキュメントを修正しました。

  • プレーヤーはアップグレード後にファームウェアバージョンを更新していませんでした。これは修正されました。

  • 以前のプレーヤー設定でディスプレイのプレビューが停止します。

  • 一部の状況でディスプレイのプレビューがレンダリングされません。

  • SmartSync の同時ダウンロードエラーを修正しました。

リリースされている AEM Screens Player

AEM Screens 6.5 機能パック 10 向けに、次の AEM Screens Player がリリースされています。

  • Chrome OS
  • Windows
  • Tizen
  • Android
  • Linux

AEM Screens Player のダウンロード

最新の AEM Screens Player のダウンロードとバグ修正について詳しくは、AEM Screens Player のダウンロード​を参照してください。

このページ