機能パック 202008 のリリースノート

注意

最新バージョンの Adobe Experience Manager(AEM)にアップグレードすることをお勧めします。Screens では、AEM 6.3 Screens プラットフォームのメンテナンスサポートを提供しています。

利用可能場所

AEM Screens は、AEM 6.5 機能パック 5 をリリースしました。

Adobe ID を使用して、AEM Screens 6.5.5 リリースの最新の機能パックをソフトウェア配布ポータルからダウンロードできます。「Adobe Experience Manager」タブに移動し、「Screens」を検索して最新の機能パックを入手します。

リリース日

AEM Screens 機能パック 202008 のリリース日は 2020 年 9 月 3 日です。

新機能

  • スケジュールダッシュボードでのタイムライン表示

    タイムライン表示を使用すると、チャネルに割り当てられたスケジュールを表示ダッシュボードから参照できます。

    詳しくは、タイムライン表示を参照してください。

  • 繰り返しスケジュール

    繰り返しスケジュールを使用すると、チャネルの定期的なスケジュールを設定できます。1 つのチャネルに対して、複数の繰り返しスケジュールを設定します。

    詳しくは、「繰り返しスケジュール」を参照してください。

  • AEM Screens の音声認識機能

    音声認識機能を使用すると、音声操作によって駆動される AEM Screens チャネルのコンテンツを変更できます。

    コンテンツ作成者は、ディスプレイを音声対応となるよう設定できます。この機能の目的は、顧客がディスプレイとやり取りする方法として音声利用を可能にすることです。

    詳しくは、音声認識を参照してください。

既知の問題と修正点

AEM Screens 6.5.5 Service Pack を使用している場合は、Windows または Android プレーヤー用の環境を設定する必要があります。

AEM オーサーおよびパブリッシュインスタンスの Adobe Experience Manager Web コンソール設定​で、login-token cookies の SameSite 属性​を Lax から None に設定します。

リリースされている AEM Screens Player

AEM Screens でリリースされた AEM 6.5 機能パック 5 向けに、次の AEM Screens Player がリリースされています。

  • Chrome OS
  • Windows
  • Android

AEM Screens Player のダウンロード

最新の AEM Screens Player のダウンロードとバグ修正について詳しくは、AEM Screens Player のダウンロード​を参照してください。

このページ