オフラインチャネル

Screens Player では、ContentSync テクノロジーを利用してチャネルのオフラインサポートを提供しています。

プレーヤーは、解凍したコンテンツを提供するためにローカルの HTTP サーバーを使用します。

チャネルが​オンライン​で実行されるように設定されている場合、プレーヤーは AEM サーバーにアクセスしてチャネルリソースを提供します。これに対し、チャネルが​オフライン​で実行されるように設定されている場合、プレーヤーはローカルの HTTP サーバーからチャネルリソースを提供します。

このプロセスのワークフローを次に示します。

  1. 目的のページを解析します。
  2. すべての関連アセットを収集します。
  3. すべての要素を zip ファイルにパッケージ化します。
  4. zip ファイルをダウンロードし、ローカルに抽出します。
  5. コンテンツのローカルコピーを表示します。

更新ハンドラー

ContentSync は、更新ハンドラーを使用して、特定のプロジェクトに必要なすべてのページとアセットを解析および収集します。AEM Screens では、次の更新ハンドラーが使用されます。

共通オプション

  • type:使用する更新ハンドラーのタイプ
  • path:リソースのパス
  • [targetRootDirectory]:zip ファイル内のターゲットフォルダー
タイプ 説明 オプション
channels チャネルを収集します extension:収集するリソースの拡張子
[pathSuffix="]:チャネルパスに追加するサフィックス
clientlib 指定されたクライアントライブラリを収集します [extension='']:css か js のどちらか(前者のみか後者のみを収集するために指定)
assetrenditions: アセットレンディションを収集します [renditions=[]]:収集するレンディションのリスト。デフォルトで元のレンディションに設定
copy 指定された構造をパスからコピーします

ContentSync 設定のテスト

ContentSync 設定をテストするには、以下の手順に従います。

  1. https://localhost:4502/libs/cq/contentsync/content/console.html を開きます。
  2. リストから設定を選択します。
  3. 「キャッシュをクリア」をクリックします。
  4. 「キャッシュを更新」をクリックします。
  5. 「すべてダウンロード」をクリックします。
  6. zip ファイルを解凍します。
  7. 解凍したフォルダーでローカルサーバーを起動します。
  8. スタートページを開き、アプリケーションの状態を確認します。

チャネルのオフライン設定の有効化

チャネルのオフライン設定を有効にするには、次の手順を実行します。

  1. チャネルコンテンツを調べて、それが AEM インスタンスから要求されているかどうかを確認します(オンライン)。

    chlimage_1-24

  2. チャネルのダッシュボードに移動し、チャネル情報​パネルの「」をクリックして、プロパティを変更します。

    chlimage_1-25

  3. チャネルのプロパティに移動し、「チャネル」タブのチェックボックスが無効になっていることを確認します。「保存して閉じる」をクリックします。

    screen_shot_2017-12-19at122422pm

    コンテンツを適切にデバイスに実装する前に、「オフラインコンテンツを更新」をクリックします。

    screen_shot_2017-12-19at122637pm

    これに合わせて「プロパティ」の「オフライン」ステータスも更新されます。

    screen_shot_2017-12-19at124735pm

  4. チャネルコンテンツを調べて、それがローカルの Player-Cache から要求されているかどうかを確認します。

    chlimage_1-26

メモ

カスタムオフラインリソースハンドラーのテンプレートの詳細と、そのプロジェクトに対する pom.xml の最小要件については、AEM Screens 用カスタムコンポーネントの開発​のカスタムハンドラーのテンプレートを参照してください。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now