コンポーネントの作成

AEM コンポーネントを使用して、Web ページ上で使用できるコンテンツを保持、書式設定およびレンダリングします。

メモ

AEM コンポーネントの作成について詳しくは、AEM コンポーネントの開発を参照してください。

チャネルのオーサリング

チャネルは、一連のディスプレイに配信されるコンテンツの中心となるオブジェクトです。このため、コンテンツ作成者は通常、エディターでチャネルを開いてコンテンツを追加または変更します。チャネルは cq:Page なので、同じ従来の UX パターンに従って、チャネル上のコンポーネントを追加および変更します。

ただし、チャネル内のコンポーネントは通常フルスクリーンでレンダリングされるので、単一コンポーネントの編集や新しい順序の編成をおこなう際にオーサリングエクスペリエンスに影響を及ぼします。そのため、チャネルはコンポーネントの様々なビューをレンダリングするためにセレクターを使用します。オーサリング環境では、編集セレクターを使用して、カスタムチャネルのレンダリングがアクティブ化されます。

例:http://localhost:4502/editor.html/content/screens/we-retail/channels/idle.edit.html](http://localhost:4502/editor.html/content/screens/we-retail/channels/idle.edit.html

ユーザーは、編集時に URL にセレクターを追加する必要はありません。クライアント側のロジックがレイヤースイッチイベントをリッスンしており、チャネルに専用のリソースタイプ screens/core/components/channel がある場合にセレクターを追加します。

コンポーネントのレンダリング

適切なオーサリングを有効にするために、コンポーネントでは次の 2 つのレンダリングを提供する必要があります。

コンポーネント レンディション
my-component/my-component.html 実稼働レンダリング
my-component/edit.html 小さいビューでのレンダリングの編集

組み込みのコンポーネントでは、次のクライアントライブラリカテゴリが使用されます。

コンポーネント クライアントライブラリ
cq.screens.components.edit オーサリング時に読み込む必要がある CSS および JS
cq.screens.components.production チャネルの実行時に読み込む必要がある CSS および JS
cq.screens.components 共有 CSS および JS
メモ

カスタムコンポーネントを開発する場合は、AEM Screens のサンプルコンポーネントテンプレートを使用してください。

このページ