埋め込みシーケンス

チャネルの​埋め込みシーケンス​を使用すると、ユーザーは、親チャネルにコンポーネントを追加したり、様々なチャネルからコンテンツを再利用したり、親チャネルに埋め込んだりできます。

埋め込みシーケンスの追加

次のコンポーネントをシーケンスチャネルに追加することができます。

  • 埋め込みシーケンス
  • 動的埋め込みシーケンス
メモ

スクリーンプロジェクトでの他のコンポーネントの使用について詳しくは、チャネルへのコンポーネントの追加を参照してください。

埋め込みシーケンスの追加

埋め込みシーケンスをチャネルに追加できます。埋め込みシーケンスは、画像またはビデオなどのアセットを含んだ別のチャネルです。埋め込みシーケンスを追加すると、ユーザーは、チャネルパス​でチャネルにシーケンスを追加できます。

メモ

チャネルパスは、チャネルへの明示的な参照を定義します。
チャネルパス​について詳しくは、Screens のオーサリングに関する節でチャネル割り当てを参照してください。

埋め込みシーケンスをチャネルに追加するには、次の手順に従います。

  1. ページを埋め込むチャネルを選択します(例:We.Retail In-StoreChannelsIdle Channel)。

  2. アクションバーの「編集」をクリックして、チャネルをエディターモードで開きます。

  3. 左側のバーのコンポーネントアイコンをクリックして、埋め込まれたページを追加します。埋め込みシーケンス​をエディターにドラッグ&ドロップします。

  4. 埋め込みシーケンス​コンポーネントをダブルクリックして、チャネルを元のシーケンスチャネルに追加します。

  5. チャネルの​チャネルパス​を選択します。

  6. シーケンス」タブで、埋め込まれたチャネルの「デュレーション (ms)」を選択します。デフォルトでは、デュレーションは -1 に設定されています。これは、埋め込まれたチャネルが完全に実行されることを意味します。ユーザーがデュレーションを指定すると、後続は指定した時間で中断されます(つまり、カットされます)。

  7. メーター制再生戦略」を「通常」に設定します。

これはデフォルトで「通常」に設定されています。値を「通常」(すべてのアイテムを再生)に設定すると、親シーケンスの各サイクルで後続が完全に実行されます。他の指定可能な値には「1 つのアイテムを再生」があります。この場合は、各実行で後続の 1 つのアイテムのみ表示されます(例えば、最初のループで最初のアイテム、2 回目のループで 2 番目のアイテムというように)。

重要

(埋め込みシーケンスで使用した)チャネルを同じディスプレイに割り当てる必要があります。

上記の手順でチャネルに埋め込みシーケンスを追加した後、以下の手順に従います。

  1. ディスプレイに移動し、ロケーション​フォルダーからディスプレイを選択します。

  2. アクションバーの「ダッシュボード」をクリックして、ディスプレイダッシュボードに移動します。

  3. 割り当てられたチャネルとスケジュール​パネルで「+ チャネルを割り当て」をクリックして、チャネル割り当て​ダイアログボックスを開きます。

  4. (埋め込みシーケンスで使用した)チャネルのパスを「チャネルパス」で選択します。

  5. 優先度」がメインチャネルよりも低いことを確認します。

  6. サポートされているイベント」は選択しないでください。

  7. 完了したら、「保存」をクリックします。

既に存在するチャネル(Idle Channel)に埋め込みシーケンス(Idle Channel - Night)を追加する例を以下に示します。

new2

動的埋め込みシーケンスの追加

動的埋め込みシーケンスをチャネルに追加できます。動的埋め込みシーケンスは、埋め込みシーケンスと似ていますが、使用する際には階層に従うことができます。つまり、あるチャネルに対しておこなわれた変更/更新が、関連する他のチャネルにも反映されます。動的埋め込みシーケンスは、親子階層に従い、その中には画像やビデオなどのアセットも含まれます。動的シーケンスを追加すると、ユーザーは、チャネルロールでチャネルにシーケンスを追加できます。

メモ

チャネルロール​は、ディスプレイのコンテキストを定義します。

チャネルロール​について詳しくは、Screens のオーサリングに関する節でチャネル割り当てを参照してください。

埋め込みシーケンスをチャネルに追加するには、次の手順に従います。

  1. 動的シーケンスを埋め込むチャネルを選択します(例:We.Retail In-StoreChannelsIdle Channel)。

  2. アクションバーの「編集」をクリックして、チャネルをエディターモードで開きます。

  3. 左側のバーのコンポーネントアイコンをクリックして、動的埋め込みシーケンスを追加します。動的​埋め込みシーケンス​をエディターにドラッグ&ドロップします。

  4. 動的****埋め込み​シーケンスコンポーネントをダブルクリックして、シーケンスチャネルにページを追加します。

  5. チャネル割り当ての役割」を入力します。

  6. メーター制再生戦略」を「通常」に設定します。これはデフォルトで「通常」に設定されています。値を「通常」(すべてのアイテムを再生)に設定すると、親シーケンスの各サイクルで後続が完全に実行されます。他の指定可能な値には「1 つのアイテムを再生」があります。この場合は、各実行で後続の 1 つのアイテムのみ表示されます(例えば、最初のループで最初のアイテム、2 回目のループで 2 番目のアイテムというように)。

  7. シーケンス」タブで、シーケンスに埋め込まれたチャネルの「デュレーション (ms)」を選択します。

latest

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free