プレーヤーの自動登録

何千ものプレーヤーを手動で一括登録するのは非常に面倒で、時間とコストが余計にかかります。このプロセスを簡単にするために、一括登録機能では、AEM で事前に共有されたキーを指定し、設定ファイルまたはモバイルデバイス管理(MDM)ソリューションを通じてプレーヤーにプロビジョニングできます。

プレーヤーの自動登録の実装

プレーヤーの自動登録を実装するには、次の手順に従います。

  1. AEM インスタンスにログインし、AEM Screens プロジェクトを選択して、アクションバーの「プロパティ」をクリックします。

  2. 詳細」タブを選択して、「デバイスの登録」セクションを表示します。

  3. 一括登録コード」フィールドで自動登録コード、「デフォルトのディスプレイ割り当て」フィールドでオプションのデフォルトディスプレイを指定して、自動登録されるプレーヤーに割り当てます。

    メモ

    任意のコードを入力し、必要に応じてデフォルトのディスプレイを選択します。

    画像

  4. MDM または設定 JSON ファイルを使用して、適切なサーバー URL と登録コードをプレーヤーにプロビジョニングします。

    メモ

    詳しくは、ご使用のオペレーティングシステム(OS)に固有のプレーヤーの実装ページを参照してください。また、登録コードの入力には、管理 UI を使用することもできます。

  5. registrationKey 属性が AEM に設定された値と一致する場合、プレーヤーは自動的に登録されます。さらに、デフォルトのディスプレイが設定されている場合は、そのコンテンツがダウンロードされ再生されます。

    画像

セキュリティのベストプラクティス

この節では、セキュリティのベストプラクティスをいくつか紹介します。

  • 登録コードの安全が損なわれないようにするには、一括登録を開始する直前に AEM にコードを設定し、登録が完了したら、登録コードのフィールドをクリアして AEM に保存します。

  • パス /bin/screens/registration は、できるだけ既知の IP 範囲からのみアクセス可能なように設定できます。

  • MDM を使用してプレーヤーに設定をプロビジョニングすることを検討します。

  • プレーヤーと AEM の通信には、HTTP ではなく HTTPS を常に使用します。

    メモ

    デフォルトディスプレイの割り当ては、現時点では、一括登録の場合にのみ機能し、登録コードを使用しない手動登録の場合は機能しません。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now