AEM SitesでのSPAエディターの使用

AEM Sitesでのシングルページアプリケーションのコンテンツのオーサリングに関するビデオ概要。

AEM SPA Editorでは、作成者は、シングルページアプリケーションまたはSPAのコンテンツを編集できます。 任意のフレームワーク(ReactまたはAngular)を使用する開発者は、SPAを作成し、SPAの領域をAEMコンポーネントにマッピングして、作成者が使い慣れたAEM Sites編集ツールを使用できるようにします。 次のビデオでは、 WKND SPAサンプルサイトを使用したコンテキスト内編集機能の一部を示します。 WKND SPAプロジェクトには、React実装とAngular実装の両方が含まれます。

メモ

シングルページアプリケーション(SPA)エディター機能には、AEM 6.4サービスパック2以降が必要です。

SPA Editorは、SPAフレームワークベースのクライアントサイドレンダリング(ReactやAngularなど)が必要なプロジェクトで推奨されるソリューションです。

その他のリソース

WKND SPA実装は、AEM 6.4.8以降、AEM 6.5.5以降、AEM as aCloud Serviceのみをサポートしています。

ご使用のAEMのバージョンに応じて、適切なWKND SPAパッケージをダウンロードしてインストールします。 React​と​Angular​には、別々のバージョンがあります。

SPA Editorを使用した開発に関する詳細なチュートリアルについては、以下を参照してください。

このページ