編集可能なページテンプレートの使用

編集可能なテンプレートを使用すると、専門の作成者はページテンプレートの作成と更新を行い、Adobe Experience Manager(AEM)サイトで高度なポリシー設定を管理できます。

編集可能なテンプレートは、新しいAEM Sitesを作成する場合の推奨事項です。

一貫した作成者エクスペリエンス — インラインレイアウトモードやコンテンツツリーパネルなど、AEM Sitesオーサリングの機能がテンプレート編集に引き継がれます。

詳細なポリシー設定 — 編集可能なテンプレートで使用可能になった高度なポリシー設定の一部について、以下に示します。

  • レイアウトコンテナ — 許可されているコンポーネントの設定、アセットのドラッグ&ドロップマッピングの管理およびレスポンシブグリッド列を行う機能。
  • テキストコンポーネント :新しいUIを使用してリッチテキストエディターのプラグインを設定し、テンプレート間でRTEポリシーを再利用する機能。
  • 画像コンポーネント :切り抜き、新しいUIによるデスクトップファイルのアップロード、テンプレート間での画像ポリシーの再利用などの機能を有効/無効にする機能。

編集可能なテンプレートは、ツール > 一般 > テンプレート​にあります。
編集可能なテンプレートのURL(ローカルAEMインスタンス):http://localhost:4502/libs/wcm/core/content/sites/templates.html/conf

その他のリソース

このページ