IMS を使用してAEMをタグプロパティに接続

メモ

Adobe Experience Platform Launchの名前をデータ収集テクノロジーのセットとして変更するプロセスは、AEM製品の UI、コンテンツおよびドキュメントに実装されているので、Launch という用語は現在も使用されています。

AEMの IMS(Identity Management System) 設定を使用して、AEMをタグプロパティに接続する方法について説明します。 この設定は、AEM API で Launch を認証し、AEMが Launch API を介して通信してタグプロパティにアクセスできるようにします。

IMS 設定を作成または再利用

AEMを新しく作成したタグプロパティと統合するには、Adobe Developer Console プロジェクトを使用した IMS 設定が必要です。 この設定により、AEMは Launch API を使用してタグアプリケーションと通信でき、IMS はこの統合のセキュリティ側面を処理します。

AEM as aCloud Service環境がプロビジョニングされるたびに、Asset compute、Adobe Analytics、AdobeLaunch など、いくつかの IMS 設定が自動的に作成されます。 自動作成された Adobe起動 IMS 設定を使用できます。または、AEM 6.X 環境を使用している場合は、新しい IMS 設定を作成する必要があります。

自動作成されたレビュー Adobe起動 次の手順を使用した IMS の設定

  1. AEMで、 ツール メニュー

  2. 「セキュリティ」セクションで、「Adobe IMS構成」を選択します。

  3. を選択します。 Adobe起動 カードとクリック プロパティ、詳細を次の場所で確認します: 証明書 および アカウント タブ 次に、 キャンセル 自動作成された詳細を変更せずに戻す場合。

  4. を選択します。 Adobe起動 カードと今回はクリック ヘルスチェック​を使用する場合、 成功 以下のようなメッセージ。

    AdobeLaunch の正常な IMS 設定

次の手順

Launch クラウドサービス設定の作成 AEM内

このページ