AEMヘッドレスデプロイメント

AEMヘッドレスクライアントのデプロイメントには、多くの形式が必要です。AEMがホストするSPA、外部SPA、Web サイト、モバイルアプリ、さらにはサーバー間プロセス。

クライアントとそのデプロイ方法に応じて、AEMヘッドレスデプロイメントには様々な考慮事項があります。

AEMサービスのアーキテクチャ

デプロイメントに関する考慮事項を調べる前に、AEMの論理アーキテクチャ、AEMas a Cloud Serviceのサービス層の分離と役割について理解することが不可欠です。 AEM as a Cloud Serviceは、次の 2 つの論理サービスで構成されます。

  • AEM オーサー は、チームがコンテンツフラグメント(および他のアセット)を作成、共同作業および公開するサービスです。
  • AEM パブリッシュ は、公開されたコンテンツフラグメント(および他のアセット)が、一般的に使用するためにレプリケートされるサービスです。
  • AEMプレビュー は、AEM パブリッシュの動作を模倣するサービスですが、プレビューやレビューの目的でコンテンツが公開されているサービスです。 AEMプレビューは、内部オーディエンス向けであり、コンテンツの一般配信向けではありません。 目的のワークフローに応じて、AEMプレビューの使用はオプションです。

AEMサービスのアーキテクチャ

典型的なAEMas a Cloud Serviceヘッドレスデプロイメントアーキテクチャ_

実稼動環境で動作するAEMヘッドレスクライアントは通常、AEM パブリッシュとやり取りします。AEM パブリッシュには、承認済みの公開済みコンテンツが含まれます。 AEM オーサーインスタンスはデフォルトで安全で、すべてのリクエストに対する認証が必要で、進行中の作業中や未承認のコンテンツが含まれる場合があるので、AEM オーサーインスタンスとやり取りするクライアントは特に注意する必要があります。

ヘッドレスクライアントの導入

シングルページアプリ (SPA)

シングルページアプリ (SPA) のデプロイメントに関する考慮事項について説明します。

学ぶ

Web コンポーネント/JS

Web コンポーネントとブラウザーベースの JavaScript ヘッドレスコンシューマー向けのデプロイメントに関する考慮事項について説明します。

学ぶ

モバイルアプリ

モバイルアプリのデプロイに関する考慮事項について説明します。

学ぶ

サーバー間アプリ

サーバー間アプリの展開に関する考慮事項について説明します

学ぶ

このページ