チュートリアルの設定

AEMおよびAEM WCMコアコンポーネントの最新バージョンを常にお勧めします。

  • AEM 6.5 以降
  • AEM WCMコアコンポーネント2.4.0以降
    • の下のWKND Mobile AEM Application Content Packageに含まれます。

このチュートリアルを開始する前に、次のAEMインスタンスがローカルマシン🔗にインストールされ、実行されていることを確認してください。

  • AEM Authoronポ ート4502
  • AEM Publishonポ ート4503

WKNDモバイルアプリケーションパッケージ

AEM Package Managerを使用して、次のAEMコンテンツパッケージを​AEMオーサーとAEMパブリッシュの両方にインストールします。

第7章では、Android Studioと提供されたAPK(Androidアプリケーションパッケージ)を使用してWKND Mobile Androidモバイルアプリを実行します。

Chapter AEM Content Packages

この一連のコンテンツパッケージは、関連するチャプターおよびそれ以前のすべてのチャプターで説明されているコンテンツと設定を作成します。 これらのパッケージはオプションですが、コンテンツの作成を迅速化できます。

ソースコード

AEMプロジェクトとAndroid Mobile Appのソースコードは、AEM Guides - WKND Mobile GitHub Projectで利用できます。 このチュートリアルでは、ソースコードを作成または変更する必要はありません。チュートリアルのすべての側面を構築する方法を完全に透明にするために提供されています。

チュートリアルまたはコードに問題がある場合は、GitHubの問題を残してください。

最後までスキップ

チュートリアルの最後まで進むために、 com.adobe.aem.guides.wknd-mobile.content.chapter-5.zipコンテンツパッケージを​AEMオーサーとAEMパブリッシュの両方にインストールできます。​コンテンツと設定はAEMオーサーで公開されたものとして表示されませんが、手動でのデプロイにより、AEMパブリッシュで必要なコンテンツと設定がすべて使用でき、WKND Mobile Appがコンテンツにアクセスできます。

次の手順

このページ