管理者向けの貴重なレポート

この最後の章では、管理者の場合に設定を検討できる重要なレポート2つについて知っておきたいと思います。帯域幅とストレージレポートおよび画像エラーレポート。

帯域幅とストレージレポート

帯域幅とストレージレポートは、Image Serverの1か月あたりの帯域幅消費量と、Dynamic Mediaクラシックで利用しているストレージの詳細を示します。 ストレージは契約金額なので、超過費用を避けるために、制限を守っていることを確認することが重要です。

画像

帯域幅とストレージレポートには、このアカウントが30 GBのストレージ制限を超えていることが示されます。

画像エラーレポート

URLが、見つからない画像を要求するたびに、Image Serverはエラーを生成します。 このような場合に表示する初期設定の画像を設定できますが、エラーについては注意が必要です。 画像エラーレポートには、過去24時間で最も頻度の高い画像エラー20個のリストが表示されます。この情報には、エラーの発生回数、エラーを示す画像、問題のある画像のページなどの詳細情報が含まれます。 応答が「DEFAULT」の場合は、代わりにデフォルトの画像が提供されたことを意味します。

画像

画像エラーレポート。

まとめ

このベストプラクティスガイドの内容は、強力なリッチメディアソリューションを使い始める際、またはより多くの機能を活用する際に役立つものになっていることを願っています。

Dynamic Mediaクラシックの詳細については、次のリソースを参照してください。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now