Dynamic Mediaクラシックのベストプラクティスのチュートリアルへようこそ

このガイドは、Dynamic Mediaクラシックの現在および新規ユーザが、Adobeの強力なリッチメディアソリューションを使用して何ができるかをより深く理解できるようにすることを目的としています。 以下の手順に従って行います。

  • Dynamic Mediaクラシックをご紹介し、その概要を説明し、主な機能とユーザーインターフェイス(UI)の概要を示します。
  • ソリューション内のアセットを操作する際に従う一般的な作成、作成、配信ワークフローについて説明します。
  • ソリューションを導入して使用する前に、設定する重要な項目について話し合う。
  • ソリューションのコア機能の使用について詳しく説明します。

ガイド全体を通して、例、ヒント、ベストプラクティスを示します。 また、Dynamic Mediaクラシックを使う際に知っておくべき重要な用語や概念についても説明します。 特定のトピックに関する情報が得られたら、関連するウェビナー、ブログ投稿、オンラインドキュメントを指示します。

本ガイドに、Dynamic Mediaクラシックソリューションから大きな価値を引き出すために必要な情報をお伝えします。 このガイドのチャプター間をより簡単に移動するには、ガイドの左側にあるブックマークアイコンをクリックして、内容を表示します。

Dynamic Mediaクラシックの概要

Dynamic Mediaクラシックは、リッチメディアコンテンツの作成、作成、配信を行うお客様の中心となります。 Dynamic Mediaクラシックは、統合されたリッチメディア管理、出版、および提供環境です。 リッチメディアは、Web、印刷物、電子メールキャンペーン、Webアプリケーション、デスクトップ、デバイスを含む、すべてのマーケティングおよび販売チャネルに配信できます。

画像サービングは、おそらくDynamic Mediaクラシックで最も使用される関数です。 実際、ほとんどのお客様は、ズーム用やリッチメディア用の画像を含め、Dynamic Mediaクラシックを使用してWebサイト上のすべての画像を提供しています。 ただし、ビデオの配信や配信画像の最適化のためのAIの使用など、他の多くの目的にも使用できます。

Dynamic Mediaクラシックの中核機能

このガイドでは、以下のDynamic Mediaクラシックの中核的な機能について説明します。

  • ダイナミックイメージング. リアルタイムの編集、形式設定とサイズ変更、およびインタラクティブなズームとパンを指す包括的な用語です。カラーとテクスチャのスウォッチ。360度スピン;画像テンプレート;およびマルチメディアビューア
  • ビデオ. 最終版のビデオをアップロードして公開し、設定可能なビデオビューアにプログレッシブにダウンロードします。
  • スマートイメージング. Adobe SenseiAIの機能を活用し、既存の「画像プリセット」と連携して動作するテクノロジー。クライアントのブラウザーの機能に基づいて画像形式、サイズ、画質を自動的に最適化し、画像配信のパフォーマンスを向上します。

このソリューションのその他の機能を見つけるには、Dynamic Mediaクラシックのドキュメントを参照してください。

Dynamic Mediaクラシックユーザーインターフェイス(UI)

Dynamic MediaクラシックのメインUIは、次の3つの主要な領域で構成されています。グローバルナビゲーションバー、アセットライブラリ、参照パネル/ビルドパネル。

画像

Dynamic MediaクラシックUI

グローバルナビゲーションバー. 画面の上部にあるので、このバーのボタンを使用して、ソリューションの主な領域や機能にアクセスします。例えば、この画像を使用して、アップロード機能にアクセスしたり、様々なアセット作成領域(画像セット、スピンセットなど)を開いたり、画像プリセットやビューアプリセットの設定などの重要なタスクを実行したり、アセットを公開したりします。 また、ここからジョブを監視したり、最近のアクティビティを表示したり、様々なヘルプオプションを選択したりすることもできます。

アセットライブラリ. 画面の左下にあるのは、アセットライブラリパネルです。アセットライブラリは、作成するフォルダやサブフォルダ内のアセットを整理するために使用するパネルです。パネルの上部には、アセットの検索に役立つ検索とフィルターが表示されます。 アドバンス検索では、アセットに添付された非表示のメタデータフィールドなど、複数のオプションを検索条件として指定することで検索を実行できます。 パネルの下部で、ごみ箱アイコンをクリックすると、削除した項目を表示できます。 最初は、アカウント名と同じ名前を持つ最上位フォルダーを除き、どのフォルダーとも開始しません。

メモ

ごみ箱内のアセットは、アセットを復元しない限り、アセットを置いた7日後に、自動的に完全に削除されます。

参照/ビルドパネル これはUIの中央にあり、参照モードでアセットを参照するか、ビルドモードでアセットを作成する場合は、そのアセットをワークフローの一部として作成するためのキャンバスとして使用します。最初にサインインすると、参照パネルが表示されます。 画面の中央には、グリッド表示の画像のサムネールバージョンが表示されます。 詳細表示を使用して、リスト表示に変更したり、アセットと表示の詳細を選択したりできます。

重要

各アセットIDの横には、公開用にマーク​スイッチがあります。 切り替えがオン(緑)の場合は、アセットが公開用にマークされていることを示します。

画像

ヒント

アップロードダイアログで「アップロード後に公開」「アップロード後に公開」​チェックボックスを選択し、アップロード時にアセットを自動的に公開します。

Dynamic MediaクラシックのUIの操作についての詳細。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free