概要

Adobe Experience Manager(AEM)は as a Cloud Service として利用可能になりました。AEMは、Cloud Serviceとして次世代のExperience Manager製品ラインを導入し、過去の投資や革新性に基づいて構築され、すべての使用事例や機能を保持し、拡張しています。

新機能

スタッフの選考

Cloud ServiceとしてのAEMへのアクセスの設定

AEMにアクセスするように、Adobe Admin ConsoleでIMSユーザーを設定します。

ローカル開発環境の設定のチュートリアル

ローカルの開発マシンを、Cloud Service開発としてAEMに対応させます。

AEM SDKのローカルクイックスタートのデバッグ

Cloud ServiceSDKのローカルクイックスタートとして、AEM上のアプリケーションのデバッグに使用するツールを調査します。

その他のリソース

このページ