検索とインデックス作成

最終更新日: 2024-01-29
  • トピック:
  • Search
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • Experienced
    Developer

AEM as a Cloud Service の検索インデックス、AEM 6 インデックス定義を変換して AEM as a Cloud Service と互換性を持たせる方法、インデックスを AEM as a Cloud Service にデプロイする方法について説明します。

インデックスコンバーターツール

インデックスコンバーターツール

コードベースのリファクタリングの一環として、インデックスコンバーターツールを使用して、カスタム Oak インデックス定義を AEM as a Cloud Service 互換インデックス定義に変換します。

インデックスコンバーターの機能の完全な現在のセットについては、インデックスコンバーターのドキュメントを参照してください。

重要なアクティビティ

  • Adobe I/O Workflow Migrator ツールを使用してアセット処理ワークフローを移行し、Asset Compute マイクロサービスを使用します。
  • ローカル開発環境を設定して、カスタマイズされたインデックスをデプロイします。 更新されたインデックスが最新であることを確認します。
  • 更新されたコードベースを AEM as a Cloud Service の開発環境にデプロイし、検証を続行します。
  • 標準提供のインデックスを変更する場合は​常に、最新のリリースで実行されている AEM as a Cloud Service 環境から最新のインデックス定義をコピーします。 必要に応じて、コピーしたインデックス定義を変更します。

実践練習

この実践練習で学んだことを試して、知識を適用します。

実践練習を行う前に、上記のビデオを視聴し、理解し、次の資料を確認してください。

また、前の実践演習を完了していることを確認します。

実践演習 GitHub リポジトリ
インデックスの実践

Oak インデックスの定義と AEM as a Cloud Service へのデプロイについて説明します。

インデックス作成を試す

このページ