コンテンツ転送ツール

コンテンツ転送ツールを使用して、AEM 6.3 以降からas a Cloud Serviceにコンテンツを移行する方法を説明します。

コンテンツ転送ツールの使用

コンテンツ転送ツールのライフサイクル

コンテンツ転送ツールは、AEM 6.3 以降にインストールされ、コンテンツをAEM as a Cloud Serviceに転送します。

主要なアクティビティ

  • をダウンロードします。 最新のコンテンツ転送ツール.
  • AEM Author 6.3 以降の最終コンテンツをAEMas a Cloud Serviceオーサーサービスに転送します。
    • 転送する最終コンテンツを含むAEM 6.3 以降のオーサーにコンテンツ転送ツールをインストールします。
    • コンテンツ転送ツールをバッチで実行し、コンテンツのセットを転送します。
  • AEM Publish 6.3 以降の最終コンテンツをAEM as a Cloud Service Publish Service に転送します。
    • 転送する最終コンテンツを含むAEM 6.3 以降の Publish にコンテンツ転送ツールをインストールします。
    • コンテンツ転送ツールをバッチで実行し、コンテンツのセットを転送します。
  • (オプション)最後のコンテンツ転送以降に新しいコンテンツを転送して、AEMas a Cloud Service上の「追加」コンテンツを作成する

実践練習

この実践練習で学んだことを試して、知識を適用します。

実践練習を行う前に、上記のビデオを視聴し、理解し、次の資料を確認してください。

また、前の実践演習を完了していることを確認します。

実践エクササイズ GitHub リポジトリ
コンテンツ転送ツールを使用した実践

コンテンツ転送ツールを使用して、コンテンツをAEM 6 からAEM as a Cloud Serviceに自動的に移動する方法を確認します。

コンテンツ転送ツールを試す

その他のリソース

このページ