ローカル開発環境の設定

最終更新日: 2024-01-29
  • 作成対象:
  • Beginner
    Developer

ローカル開発環境の設定 - このチュートリアルでは、AEM as a Cloud Service SDK を使用して Adobe Experience Manager(AEM)用のローカル開発環境を設定する手順について説明します。AEM Projects の開発、ビルド、コンパイルに必要な開発ツールや、ローカルランタイムが含まれているので、開発者は、Adobe Cloud Manager を使用して AEM as a Cloud Service に新しい機能をデプロイする前に、新しい機能をローカルランタイムですばやく検証できます。

AEM as a Cloud Service ローカル開発環境のテクノロジースタック

AEM のローカル開発環境は、次の 3 つの論理グループに分割できます。

  • この AEM プロジェクト​には、カスタム AEM アプリケーションのカスタムコード、設定およびコンテンツが含まれます。
  • この​ローカル AEM ランタイム​は、AEM オーサーサービスとパブリッシュサービスのローカルバージョンを実行します。
  • この​ローカル Dispatcher ランタイム​は、Apache HTTP web サーバーおよび Dispatcher のローカルバージョンを実行します。

このチュートリアルでは、上の図で強調表示されている項目をインストールして設定し、AEM 開発用の安定したローカル開発環境を提供する方法について説明します。

ファイルシステムの構成

このチュートリアルでは、AEM as a Cloud Service SDK アーティファクトと AEM プロジェクトコードの場所を次のように設定しました。

  • ~/aem-sdk は、AEM as a Cloud Service SDK が提供する様々なツールを含む組織フォルダー
  • ~/aem-sdk/author は、AEM オーサーサービスを含む
  • ~/aem-sdk/publish は、AEM パブリッシュサービスを含む
  • ~/aem-sdk/dispatcher は Dispatcher ツールを含む
  • ~/code/<project name> は、カスタム AEM プロジェクトソースコードを含む

メモ:~ は、ユーザーのディレクトリの略記法です。Windows では、%HOMEPATH% に相当します。

AEM プロジェクト用開発ツール

AEM プロジェクトは、Cloud Manager を介して AEM as a Cloud Service にデプロイされるコード、設定およびコンテンツを含むカスタムコードベースです。ベースラインプロジェクト構造は、AEM プロジェクト Maven アーキタイプです。

チュートリアルのこの節では、次の方法について説明します。

  • Java のインストール
  • Node.js (および npm)のインストール
  • Maven のインストール
  • Git のインストール

AEM プロジェクト用の開発ツールの設定

ローカル AEM ランタイム

AEM as a Cloud Service SDK は、AEM のローカルバージョンを実行する QuickStart Jar を提供します。この QuickStart Jar を使用して、AEM オーサーサービスまたは AEM パブリッシュサービスをローカルで実行できます。なお、QuickStart Jar はローカルでの開発環境を提供しますが、AEM as a Cloud Service で利用できるすべての機能が QuickStart Jar に含まれるわけではありません。

チュートリアルのこの節では、次の方法について説明します。

  • Java のインストール
  • AEM SDK をダウンロード
  • AEM Author Service を実行する
  • AEM Publish Service を実行する

ローカル AEM ランタイムの設定

ローカル Dispatcher ランタイム

AEM as a Cloud Service SDK の Dispatcher ツールには、ローカル Dispatcher ランタイムの設定に必要な機能がすべて備わっています。Dispatcher ツールは Docker ベースで、Apache HTTP web サーバーと Dispatcher 設定ファイルを互換性のある形式にトランスパイルし、Docker コンテナで動作する Dispatcher にデプロイするコマンドラインツールを提供します。

チュートリアルのこの節では、次の方法について説明します。

  • AEM SDK をダウンロード
  • Dispatcher ツールをインストール
  • ローカル Dispatcher ランタイムを実行

ローカル Dispatcher ランタイムを設定

このページ