ローカル開発環境の設定

このチュートリアルでは、AEM as aCloud ServiceSDKを使用したAdobe Experience Manager(AEM)のローカル開発環境のセットアップに関する手順を説明します。 AEMプロジェクトの開発、構築、コンパイルに必要な開発ツールと、ローカルの実行時間が含まれているので、AdobeCloud Managerを使用してAEMに新機能をCloud Serviceとしてデプロイする前に、新機能をローカルですばやく検証できます。

AEM as a Cloud Service環境ローカル開発テクノロジースタック

AEMのローカル開発環境は、次の3つの論理グループに分割できます。

  • AEMプロジェクト​には、カスタムAEMアプリケーションのカスタムコード、設定およびコンテンツが含まれます。
  • Local AEM Runtime:AEMオーサーサービスとパブリッシュサービスのローカルバージョンをローカルで実行します。
  • Local Dispatcher Runtime(Apache HTTP WebサーバーおよびDispatcherのローカルバージョンを実行)。

このチュートリアルでは、上の図で強調表示されている項目をインストールして設定し、AEM開発用の安定したローカル開発環境を提供する方法について説明します。

ファイル・システム構成

このチュートリアルでは、AEM as a Cloud ServiceSDKアーティファクトとAEM Projectコードの場所を次のように確立しました。

  • ~/aem-sdk は、AEM as a Cloud Service SDKが提供する様々なツールを含む組織フォルダーです
  • ~/aem-sdk/author AEMオーサーサービスを含む
  • ~/aem-sdk/publish AEMパブリッシュサービスを含む
  • ~/aem-sdk/dispatcher Dispatcherツールを含む
  • ~/code/<project name> カスタムAEM Projectソースコードが含まれる

~は、ユーザーのディレクトリの略記法です。 Windowsの場合、これは%HOMEPATH%と同じです。

AEM Projectsの開発ツール

AEMプロジェクトは、Cloud Managerを通じてAEMにCloud Serviceとしてデプロイされるコード、設定およびコンテンツを含むカスタムコードベースです。 ベースラインプロジェクト構造は、AEM Project Maven Archetypeを使用して生成されます。

このチュートリアルの節では、次の方法について説明します。

  • インストール Java
  • Node.js (およびnpm)をインストールします。
  • インストール Maven
  • インストール Git

AEM Projects用開発ツールの設定

Local AEM Runtime

AEM as aCloud ServiceSDKは、AEMのローカルバージョンを実行するQuickStart Jarを提供します。 QuickStart Jarは、AEMオーサーサービスまたはAEMパブリッシュサービスをローカルで実行するために使用できます。 QuickStart Jarはローカル開発体験を提供しますが、AEM as aCloud Serviceとして使用できるすべての機能がQuickStart Jarに含まれるわけではありません。

このチュートリアルの節では、次の方法について説明します。

  • インストール Java
  • AEM SDKのダウンロード
  • AEM Author Service
  • AEM Publish Service

ローカルAEMランタイムの設定

ローカルのDispatcherランタイム

AEM as a Dispatcher SDKのDispatcherツールは、ローカルのDispatcherランタイムを設定するために必要なすべての機能を提供します。 Dispatcher ツールはベ Dockerースで、 Apache HTTP Webサーバーと設定ファイルを互換性のある形式で転送 Dispatcher し、コンテナ内で実行中にデプロイするためのコマンドラインツ Dispatcher ールを提供 Docker します。

このチュートリアルの節では、次の方法について説明します。

  • AEM SDKのダウンロード
  • Dispatcherツールをインストールします
  • ローカルのDispatcherランタイムを実行します

ローカル Dispatcher ランタイムの設定

このページ