Eclipse プロジェクトの読み込み

最終更新日: 2024-01-29
  • 作成対象:
  • Beginner
    Intermediate
    Developer

zip ファイルをダウンロードして展開します。

Eclipse を起動し、プロジェクトを Eclipse に読み込みます。
プロジェクトのリソースフォルダーには以下のファイルが含まれます。

  • DataFile1、DataFile2、DataFile3 - テンプレートと結合して最終的な PDF ファイルを生成するサンプルの xml データファイル
  • custom_fonts.xdp - XDP テンプレート。
  • service_token.json - このファイルの内容は、アカウントに固有の資格情報に置き換える必要があります
  • options.json - このファイルで指定するオプションは、API で生成された PDF ファイルのプロパティを設定するために使用されます

resources-file

ソリューションのテスト

  • サービスの資格情報をコピーして、プロジェクトの service_token.json リソースファイルに貼り付けます。
  • DocumentGeneration.java ファイルを開き、生成された PDF ファイルを保存するフォルダーを指定します。
  • Main.java を開きます。 変数 postURL の値を、インスタンスをポイントするように設定します。
  • Main.java を Java アプリケーションとして実行します。
メモ

初めて java プログラムを実行すると、HTTP 403 エラーが発生します。 これを解決するには、必ず AEM のテクニカルアカウントユーザーに適切な権限を付与する必要があります。

このコースでは、AEM Forms ユーザー​の役割を使用しました。

このページ