Cygwin のインストール

Cygwin は、Microsoft Windows 上でネイティブに動作する POSIX 互換のプログラミングおよびランタイム環境です。
インストール シグウィン. C:\cygwin64 folderにインストールしました。

メモ

zip、unzip、curl、rsync パッケージを cygwin インストールと一緒にインストールしてください

c:\cloudmanagerフォルダーの下に adoberepo というフォルダーを作成します。

[リポジトリツールのインストール].(https://github.com/Adobe-Marketing-Cloud/tools/tree/master/repo).Installing repo ツールは、repo ファイルをコピーしてc:\cloudmanger\adoberepo folderに配置するだけです。

次の内容を Path 環境変数C:\cygwin64\bin;C:\CloudManager\adoberepo;に追加します。

外部ツールの設定

  • IntelliJ の起動
  • Ctrl + Alt + S キーを押して、設定ウィンドウを起動します。
  • ツール/外部ツールを選択し、「+」記号をクリックして、スクリーンショットに示すように次のように入力します。
    rep
  • 必ず、「グループ」ドロップダウンフィールドに「repo」と入力して、repo という名前のグループを作成し、作成したすべてのコマンドを repo グループ

Put コマンド
プログラム:C:\cygwin64\bin\bash
引数:-l C:\CloudManager\adoberepo\repo put -f $FilePath$
作業方向:$ProjectFileDir$
put-command

Get コマンド
プログラム:C:\cygwin64\bin\bash
引数:-l C:\CloudManager\adoberepo\repo get -f $FilePath$
作業方向:$ProjectFileDir$
get-command

ステータスコマンド
プログラム:C:\cygwin64\bin\bash
引数:-l C:\CloudManager\adoberepo\repo st -f $FilePath$
作業方向:$ProjectFileDir$
status-command

差分コマンド
プログラム:C:\cygwin64\bin\bash
引数:-l C:\CloudManager\adoberepo\repo diff -f $FilePath$
作業方向:$ProjectFileDir$
diff-command

.repo ファイルを repo.zip をクリックし、AEMプロジェクトのルートフォルダーに配置します。 (C:\CloudManager\aem-banking-application)。 .repo ファイルを開き、サーバーと資格情報の設定が環境に一致していることを確認します。
.gitignore ファイルを開き、ファイルの下部に次のコードを追加して、変更を保存します。 # repo .repo

ui.content など、aem-banking-application プロジェクト内の任意のプロジェクトを選択して右クリックすると、repo オプションが表示され、repo オプションの下に、前に追加した 4 つのコマンドが表示されます。

AEM オーサーインスタンスのセットアップ

次の手順に従って、ローカルシステム上にクラウド対応インスタンスをすばやくセットアップできます。

  • 最新のAEM SDK のダウンロード

  • 最新のAEM Formsアドオンのダウンロード

  • 次のフォルダー構造を作成しますc:\aemformscs\aem-sdk\author

  • AEM SDK zip ファイルから aem-sdk-quickstart-xxxxxx.jar ファイルを抽出し、 c:\aemformscs\aem-sdk\author folder.Renameに配置して、 jar ファイルを aem-author-p4502.jar に配置します。

  • コマンドプロンプトを開き、 c:\aemformscs\aem-sdk\author enter the following command java -jar aem-author-p4502.jar -gui に移動します。 これにより、AEMのインストールが開始されます。

  • 管理者/管理者資格情報を使用したログイン

  • AEMインスタンスの停止

  • 次のフォルダー構造を作成します。C:\aemformscs\aem-sdk\author\crx-quickstart\install

  • aem-forms-addon-xxxxx.far を install フォルダーにコピーします。

  • コマンドプロンプトを開き、 c:\aemformscs\aem-sdk\author enter the following command java -jar aem-author-p4502.jar -gui に移動します。 これにより、AEMインスタンスに Forms アドオンパッケージがデプロイされます。

このページ