プロジェクトにクラウドサービス設定を含める

クラウドサービス設定を保持する「FormsTutorial」という設定コンテナを作成します。「FormsTutorial」コンテナ内に、「Store Form Submissions in Azure」という Azure ストレージ用のクラウドサービス設定を作成します。 Azure ストレージアカウントの詳細とアカウントキーを入力します

IntelliJ でAEMプロジェクトを開きます。 ui.content プロジェクトで、以下に示すように、FormTutorial フォルダーを必ず追加してください。
cloud-services-configuration

ui.content プロジェクトの filter.xml に次のエントリを必ず追加してください

<filter root="/conf/FormTutorial" mode="replace"/>

filter-xml

プロジェクトにフォームデータモデルを含める

前の手順で作成したクラウドサービス設定に基づいて、フォームデータモデルを作成します。 フォームデータモデルをプロジェクトに含めるには、AEMの intelliJ プロジェクトに適切なフォルダー構造を作成します。 例えば、フォームデータモデルが登録という名前のフォルダーにあるとします
fdm-content

ui.content プロジェクトの filter.xml に適切なエントリを含めます。

<filter root="/content/dam/formsanddocuments-fdm/registrations" mode="replace"/>
メモ

プロジェクトを構築してデプロイすると、クラウドインスタンスで使用可能なクラウドサービス設定に基づいたフォームデータモデルがプロジェクトに作成されます

このページ