カスタム名前空間

最終更新日: 2024-01-29
  • トピック:
  • Metadata
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • Intermediate
    Developer

カスタム名前空間を定義して AEM as a Cloud Service にデプロイする方法を説明します。

カスタム名前空間は、JCR プロパティの「:」の前にあるオプション部分です。AEM では、次のようないくつかの名前空間を使用します。

  • jcr(JCR システムプロパティの場合)
  • cq(AEM(旧称 Adobe CQ)プロパティの場合)
  • dam(DAM アセット固有の AEM プロパティの場合)
  • dc(Dublin Core プロパティの場合)

その他多数

名前空間を使用すると、プロパティの範囲と目的を示すことができます。カスタム名前空間(多くの場合、会社名)を作成すると、AEM 実装に固有のノードやプロパティを明確に識別し、自社のビジネスに固有のデータを含めることができます。

カスタム名前空間は、Sling リポジトリ初期化(repoinit)スクリプトで管理され、OSGi 設定として AEM as a Cloud Service にデプロイされて AEM プロジェクトの ui.config プロジェクトに追加されます。

リソース

コード

次のコードを使用して、wknd 名前空間を設定します。

RepositoryInitializer OSGi 設定

/ui.config/src/main/content/jcr_root/apps/wknd-examples/osgiconfig/config/org.apache.sling.jcr.repoinit.RepositoryInitializer~wknd-examples-namespaces.cfg.json

{

    "scripts": [
        "register namespace (wknd) https://site.wknd/1.0"
    ]
}

これにより、register namespace 命令の後の最初のパラメーターとして示される wknd 名前空間を使用したカスタムプロパティを AEM で使用できるようになります。より詳細なスクリプト定義については、Sling リポジトリ初期化(repoinit)のドキュメントで取り上げている例を確認してください。

このページ