AEM SDKのリモートデバッグ

AEM SDKのローカルクイックスタートを使用すると、IDEからのリモートJavaデバッグが可能になり、AEMでのライブコードの実行手順を進めて、正確な実行フローを理解できます。

リモートデバッガーをAEMに接続するには、AEM SDKのローカルクイックスタートを、IDEが接続できる特定のパラメーター(-agentlib:...)で起動する必要があります。

$ java -agentlib:jdwp=transport=dt_socket,server=y,suspend=n,address=5005 -jar aem-author-p4502.jar   
  • address は、リモートデバッグ接続をリッスンするポートAEMを指定します。ポートは、ローカル開発マシン上の使用可能な任意のポートに変更できます。
  • 最後のパラメータ(例: aem-author-p4502.jar)はAEM SKD Quickstart Jarです。AEMオーサーサービス(aem-author-p4502.jar)またはAEMパブリッシュサービス(aem-publish-p4503.jar)のどちらかです。

IDEの設定手順

ほとんどのJava IDEは、Javaプログラムのリモートデバッグをサポートしていますが、各IDEの正確な設定手順は異なります。 正確な手順については、IDEのリモートデバッグ設定の手順を確認してください。 通常、IDEの構成には次が必要です。

  • ホストAEM SDKのローカルクイックスタートがリッスンしています(localhost)。
  • AEM SDKのローカルクイックスタートが、リモートデバッグ接続をリッスンしています。リモートデバッグ接続は、AEM SDKのローカルクイックスタートを開始する際にaddressパラメーターで指定されるポートです。
  • リモートデバッグにソースコードを提供するMavenプロジェクトを指定する必要が生じる場合があります。これは、OSGiバンドルmavenプロジェクトプロジェクトです。

手順の設定

このページ