AEM SDKのデバッグ

AEM SDKのローカルクイックスタートは、開発者が使用する主要な開発環境で、AEMとデプロイ済みアプリケーションのデバッグには様々な方法がサポートされています。 このユーザーガイドでは、AEM SDKのローカルクイックスタートでアプリケーションをデバッグするための、より一般的なデバッグツールおよびコンソールをいくつか紹介します。

ログ

ログはAEMアプリケーションのデバッグの最前線として機能しますが、デプロイされるAEMアプリケーションでの適切なログの記録に依存します。

ログを使用したAEM SDKのデバッグ

リモートデバッグ

AEM SDKのローカルクイックスタートで実行されるJavaコードのリモートデバッグを使用すると、IDEからAEMでライブコード実行のステップスルーを実行できます。

AEM SDKのリモートデバッグ

OSGi Webコンソール

AEM SDKのローカルクイックスタートには、OSGi Webコンソールがあり、ローカルAEMランタイムに関する様々な情報とイントロスペクションを提供します。これは、AEMでのアプリケーションの認識方法と、内の機能を理解するのに役立ちます。

OSGi Webコンソールを使用したAEM SDKのデバッグ

その他のツール

その他の様々なツールが、AEM SDKのローカルクイックスタートでのアプリケーションのデバッグに役立ちます。

AEM SDKをデバッグするその他のツール

このページ