Dispatcherツールのデバッグ

Dispatcherツールは、コンテナ化されたApache Webサーバー環境を提供します。この環境を使用して、AEM as a as a Cloud ServicesのAEMパブリッシュサービスのDispatcherをローカルでシミュレートできます。

エンドツーエンドのAEMアプリケーションと、サポートするキャッシュとセキュリティの設定が正しいことを確認するには、Dispatcherツールのログとキャッシュのコンテンツのデバッグが不可欠です。

メモ

Dispatcherツールはコンテナベースなので、再起動するたびに、以前のログとキャッシュの内容が破棄されます。

Dispatcherツールログ

Dispatcherツールのログは、 stdoutまたはbin/docker_runコマンドを使用して、または/etc/https/logsのDockerコンテナで詳しく確認できます。

DispatcherツールのDockerコンテナのログに直接アクセスする方法については、Dispatcherのログを参照してください。

Dispatcherツールのキャッシュ

Dockerコンテナでのログへのアクセス

Dispatcherキャッシュは、 /mnt/var/www/htmlにあるDockerコンテナ内で直接アクセスできます。

$ docker ps

# locate the CONTAINER ID associated with "adobe/aem-ethos/dispatcher-publisher" IMAGE
CONTAINER ID        IMAGE                                       COMMAND                  CREATED             STATUS              PORTS                  NAMES
46127c9d7081        adobe/aem-ethos/dispatcher-publish:2.0.23   "/docker_entrypoint.…"   6 seconds ago       Up 5 seconds        0.0.0.0:8080->80/tcp   wonderful_merkle

$ docker exec -it <CONTAINER ID> /bin/sh

/ # 
/ # cd /mnt/var/www/html

# When finished viewing the cache, exit the Docker container's shell
/# exit

Dockerログのローカルファイルシステムへのコピー

Dispatcherログは、 /mnt/var/www/htmlにあるDockerコンテナからローカルファイルシステムにコピーし、お気に入りのツールを使用して検査できます。 これはポイントインタイムコピーで、キャッシュに対してリアルタイム更新を提供しません。

$ docker ps

# locate the CONTAINER ID associated with "adobe/aem-ethos/dispatcher-publisher" IMAGE
CONTAINER ID        IMAGE                                       COMMAND                  CREATED             STATUS              PORTS                  NAMES
46127c9d7081        adobe/aem-ethos/dispatcher-publish:2.0.23   "/docker_entrypoint.…"   6 seconds ago       Up 5 seconds        0.0.0.0:8080->80/tcp   wonderful_ira

$ docker cp -L <CONTAINER ID>:/mnt/var/www/html cache 
$ cd cache

このページ