AEM as a Cloud Service の認証

最終更新日: 2024-02-05
  • トピック:
  • Security
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • Intermediate
    Developer

AEM as a Cloud Service は、複数の認証オプションをサポートしており、サービスの種類によって異なります。

AEM オーサー AEM パブリッシュ
Adobe IMS
Adobe IMS を介した SAML 2.0
SAML 2.0
シングルサインオン(SSO)
OAuth
トークン認証
基本認証

認証オプション

認証方式の設定方法と使用方法について詳しくは、以下の対応するリンクをクリックしてください。

Adobe IMS

Adobe Admin Console で Adobe IMS を使用して、AEM オーサーのアクセス権を管理します。

SAML 2.0

AEM パブリッシュサービスの SAML 2.0 統合を使用して、web サイトのユーザーを IDP に対して認証します。

トークン

API サービストークンを使用して、アプリケーションおよびミドルウェアが AEM に対して認証を行うことを許可します。

このページ