AdobeProject Fireflyの設定

asset computeプロジェクトは、特別に定義されたAdobeProject Fireflyプロジェクトです。そのため、設定およびデプロイするには、Adobe開発者コンソールのAdobeProject Fireflyにアクセスする必要があります。

開発者コンソールでAdobeProject Fireflyを作成し、Adobe

Project Fireflyの設定のクリックスルー(Adobeなし)

  1. プロビジョニングされた🔗アカウントおよびサービスに関連付けられたAdobe IDを使用して、Adobe開発者コンソールにログインします。 正しいAdobe組織については、システム管理者​または​デベロッパーロール​であることを確認します。

  2. 新しいプロジェクトを作成/テンプレートからプロジェクト/ Project Firefly​をタップして、Fireflyプロジェクトを作成します。

    「新しいプロジ_​ェクトを作​成」ボタンまたは「​プロジ​_ェクトFireflytype」が使用できない場合、Adobe組織にProject Fireflyがプロビジョニ ングされていません

    • プロジェクトタイトル: WKND AEM Asset Compute
    • アプリ名: wkndAemAssetCompute<YourName>
      • アプリ名​は、すべてのFireflyプロジェクトで一意である必要があり、後で変更することはできません。 会社または組織の名前の前に、意味のあるサフィックスを付けるポストフィックスは、次のような適切な方法です。wkndAemAssetCompute.
      • 自己イネーブルメントの場合は、他のProject Fireflyプロジェクトとの競合を避けるために、アプリ名(例:wkndAemAssetComputeJaneDoe)に名前を接尾することをお勧めします。
    • Workspaces​の下に、Developmentという名前の新しい環境を追加します。
    • Adobe I/O Runtime​の下で、「Include Runtime with each workspace」が選択されていることを確認します。
    • 保存」をタップして、プロジェクトを保存します。
  3. AdobeFireflyプロジェクトで、ワークスペースセレクターからDevelopmentを選択します。

  4. +サービスを追加/API​をタップして​APIを追加​ウィザードを開きます。次のAPIを追加するには、この方法を使用します。

    • Experience Cloud/Asset compute
      • キーペアを生成」を選択し、「キーペアを生成」ボタンをタップし、ダウンロードしたconfig.zip後でを使用する安全な場所に保存します。
      • 次へ​をタップします
      • 製品プロファイル「Integrations - integrations」を選択し、「設定済みAPIを保存」をタップします。
    • Adobe サービス/I/Oイベントをタ ップし、「設定済みAPI を保存」をタップします。
    • Adobe サービス/I/O管理APIを選択 し、「設定済みAPIを 保存」をタップします。

private.keyへのアクセス

Asset computeAPI統合を設定すると、新しいキーペアが生成され、config.zipファイルが自動的にダウンロードされました。 このconfig.zipには、生成された公開証明書と一致するprivate.keyファイルが含まれます。

  1. private.key後で使用されるので、config.zipをファイルシステム上の安全な場所に解凍します。
    • 秘密鍵と秘密鍵は、セキュリティ上の問題からGitに追加しないでください。

サービスアカウント(JWT)資格情報の確認

このAdobe I/Oプロジェクトの資格情報は、ローカルのAsset compute開発ツールでAdobe I/O Runtimeとのやり取りに使用され、Asset computeプロジェクトに組み込む必要があります。 サービスアカウント(JWT)資格情報を確認します。

Adobe開発者サービスアカウント資格情報

  1. Adobe I/OProject Fireflyプロジェクトから、Developmentワークスペースが選択されていることを確認します。
  2. Credentials​の下の「サービスアカウント(JWT)」をタップします。
  3. 表示されたAdobe I/O資格情報を確認します
    • 下部に表示される​公開鍵​は、Asset computeAPI​がこのプロジェクトに追加されたときに、config.zipに​private.key​と対応するものです。
      • 秘密鍵が失われたり侵害されたりした場合、一致する公開鍵は削除され、このインターフェイスを使用してで生成またはAdobe I/Oにアップロードされる新しいキーペアが作成されます。

このページ