Adobe I/O Runtimeへのデプロイ

asset computeプロジェクトとそれに含まれるワーカーは、AEM as aCloud Serviceで使用するAdobe I/OCLIを介してAdobe I/O Runtimeにデプロイする必要があります。

AEM as a Experience Authorサービスで使用するためにAdobe I/O Runtimeにデプロイする場合は、次の2つの環境変数が必要です。

  • AIO_runtime_namespace は、AdobeProject Firefly Workspaceのデプロイ先を指します。
  • AIO_runtime_auth は、AdobeProject Firefly workspaceの認証資格情報です。

.envファイルに定義されているその他の標準変数は、Asset computeワーカーを呼び出す際に、AEMによってCloud Serviceとして暗黙的に提供されます。

開発ワークスペース

このプロジェクトはDevelopmentワークスペースを使用してaio app initを使用して生成されたので、AIO_runtime_namespaceは、ローカルの.envファイル内の対応するAIO_runtime_authを使用して、自動的に81368-wkndaemassetcompute-developmentに設定されます。 deployコマンドの発行に使用するディレクトリに.envファイルが存在する場合は、その値が使用されます。ただし、OSレベルの変数書き出しで置き換えられる場合を除きます。つまり、stageおよびproductionワークスペースがターゲットになります。

.env変数を使用したaioアプリのデプロイ

プロジェクト.envファイルでワークスペースにデプロイするには、次の手順に従います。

  1. asset compute・プロジェクトのルートでコマンド・ラインを開く
  2. コマンドaio app deployを実行します。
  3. コマンドaio app get-urlを実行して、AEM as a as aCloud Service処理プロファイルで使用するワーカーURLを取得し、このカスタムAsset computeワーカーを参照します。 プロジェクトに複数のワーカーが含まれる場合は、各ワーカーの個別のURLがリストされます。

ローカル開発とAEM as aCloud Service開発環境が別々のAsset computeデプロイメントを使用する場合は、ステージデプロイメントおよび実稼動デプロイメントと同じ方法で、AEM as aCloud Service開発へのデプロイメントを管理できます。

ステージングワークスペースと実稼動ワークスペース

ステージングおよび実稼動環境へのデプロイは、通常、選択したCI/CDシステムでおこないます。 asset computeプロジェクトは、個別に各Workspace(ステージングおよび実稼動)にデプロイする必要があります。

trueの環境変数を設定すると、.env内の同じ名前の変数の値が上書きされます。

書き出し変数を使用したaioアプリデプロイ

通常、CI/CDシステムで自動化され、ステージ環境と実稼動環境にデプロイする一般的なアプローチは次のとおりです。

  1. Adobe I/OCLI npmモジュールとAsset computeプラグインがインストールされていることを確認します。
  2. GitからデプロイするAsset computeプロジェクトを確認します。
  3. 環境変数に、ターゲットワークスペース(ステージングまたは実稼動)に対応する値を設定します
    • 必要な変数はAIO_runtime_namespaceAIO_runtime_authの2つで、Adobe I/O開発者コンソールのワークスペースごとに、ワークスペースの​「すべて​をダウンロード」機能を通じて取得されます。

Adobe開発者コンソール — AIOランタイムの名前空間と認証

これらのキーの値は、コマンドラインからexportコマンドを発行することで設定できます。

$ export AIO_runtime_namespace=81368-wkndaemassetcompute-stage
$ export AIO_runtime_auth=27100f9f-2676-4cce-b73d-b3fb6bac47d1:0tDu307W6MboQf5VWB1BAK0RHp8xWqSy1CQc3lKe7f63o3aNtAu0Y3nAmN56502W

asset computeワーカーがクラウドストレージなど、その他の変数を必要とする場合は、環境変数としてもエクスポートする必要があります。

  1. ターゲットワークスペースのデプロイ先となるすべての環境変数を設定したら、次のdeployコマンドを実行します。
    • aio app deploy
  2. AEM as a Cloud Service処理プロファイルで参照されるワーカーURLは、次の場所からも使用できます。
    • aio app get-url

asset computeプロジェクトのバージョンが変更されると、ワーカーURLも新しいバージョンを反映するように変更され、URLを処理プロファイルで更新する必要があります。

Workspace APIのプロビジョニング

ローカル開発をサポートするためにAdobe I/OにAdobeProject Fireflyプロジェクトを設定する際に、新しいDevelopment Workspaceが作成され、Asset compute、I/OイベントI/O Events Management API​が追加されました。

Asset compute、I/Oイベント​および​I/Oイベント管理API APIは、ローカル開発に使用されるワークスペースにのみ明示的に追加されます。 AEM as aCloud Service環境と(排他的に)統合するワークスペースでは、APIがAEM as a Workspaceとして自然に利用できるようになるので、明示的に追加されたこれらのAPIは​必要ありません

このページ