AEM Assetsでのソースファイル変換の使用

Adobe Experience Manager(AEM)Assetsでは、共通の属性を共有するアセットを識別し、新しい関連アセット機能を使用して関連のアセットとしてマークできます。 また、ユーザーはアセット間のソース/派生関係を定義できるので、アセットの出所を簡単に特定できます。 派生アセットで翻訳ワークフローを実行すると、ソースファイルが参照するアセットが取得され、翻訳に含まれるので、マルチサイトの管理の手間が軽減されます。

マルチサイトアセットソースファイル管理

関連アセットを使用すると、共有特性、プロパティを持つより優れたクロスリンクアセットを管理し、ワークフローを効率化できます。

  • 同じ特性や同じキャンペーンまたはプロジェクトに属するアセットを手動で関連付ける新しい関連アセット機能
  • ユーザーは、プロパティの表示でアセットの関連ファイルを表示できます。 ユーザーは、プロパティの表示ウィンドウから関連ファイルに移動できます。
  • 関連する2つのアセットのプロパティが変更された場合、「関連付けを解除」オプションを使用して、これらのアセットの関連付けを解除できます。
  • 関連アセットを削除しようとすると、そのアセットに他の関連アセットが含まれている場合は警告メッセージが表示されます。
  • 派生した関連アセットに対して翻訳ワークフローを実行し、関連するソースファイルを翻訳ワークフローに追加して、マルチサイト管理を容易にします。

このページ