AEM Assetsでのカスケードメタデータの使用

高度なメタデータ管理機能を使用すると、AEM Assetsでメタデータ間のコンテキスト関係を形成するカスケードフィールドルールを作成できます。 次のビデオでは、フィールド要件、表示、コンテキストの選択に関する新しい動的ルールを示します。 このビデオでは、管理者がこれらのルールをカスタムメタデータスキーマに適用するために必要な手順についても詳しく説明します。

特定のメタデータフィールドに対して有効にできる動的ルールセットは3つあります。

  1. 要件 :フィールドは、別のドロップダウンフィールドの値に基づいて、必要に応じて動的にマークできます。

  2. 表示 :フィールドは、常に表示することも、別のドロップダウンフィールドの値に基づいてのみ表示することもできます。

  3. 選択肢 :(ドロップダウンフィールドにのみ適用)別のドロップダウンフィールドで現在選択されている値に基づいて、ユーザーに表示される選択肢をフィルタリングします。

このページ