Adobe AnalyticsとAdobeLaunchでのDynamic Media Viewersの使用

Dynamic MediaとAdobe Analyticsをお使いのお客様は、 Dynamic Media Viewer拡張機能を使用して、WebサイトでのDynamic Mediaビューアの使用状況を追跡できるようになりました。

メモ

この機能に対して、Dynamic Media Scene7モードでAdobe Experience Managerを実行します。 また、Adobe Experience Platform LaunchをAEMインスタンスと統合する必要もあります。

Dynamic Media Viewer拡張機能の導入に伴い、Adobe Experience Managerでは、Dynamic Mediaビューア(5.13)で配信されるアセットの高度な分析サポートが提供され、Dynamic Media Viewerをサイトページで使用した場合のイベント追跡をより詳細に制御できるようになりました。

既にAEM AssetsとSitesを持っている場合は、LaunchプロパティをAEMオーサーインスタンスと統合できます。 ローンチ統合をWebサイトに関連付けたら、ビューアのイベント追跡を有効にして、Dynamic Mediaコンポーネントをページに追加できます。

AEM Assetsのみのお客様またはDynamic Media Classicのお客様は、ビューアの埋め込みコードを取得して、ページに追加できます。 その後、ビューアイベント追跡用に、起動スクリプトライブラリをページに手動で追加できます。

次の表に、Dynamic Media ビューアイベントと、サポートされている引数を示します。

ビューアのイベント名 引数の参照
共通 %event.detail.dm.objID%
  %event.detail.dm.compClass%
  %event.detail.dm.instName%
  %event.detail.dm.timeStamp%
バナー
%event.detail.dm.BANNER.asset%
  %event.detail.dm.BANNER.frame%
  %event.detail.dm.BANNER.label%
HREF %event.detail.dm.HREF.rollover%
項目 %event.detail.dm.ITEM.rollover%
LOAD %event.detail.dm.LOAD.applicationname%
  %event.detail.dm.LOAD.asset%
  %event.detail.dm.LOAD.company%
  %event.detail.dm.LOAD.sdkversion%
  %event.detail.dm.LOAD.viewertype%
  %event.detail.dm.LOAD.viewerversion%
メタデータ %event.detail.dm.METADATA.length%
  %event.detail.dm.METADATA.type%
MILESTONE %event.detail.dm.MILESTONE.milestone%
ページ %event.detail.dm.PAGE.frame%
  %event.detail.dm.PAGE.label%
PAUSE %event.detail.dm.PAUSE.timestamp%
再生 %event.detail.dm.PLAY.timestamp%
スピン %event.detail.dm.SPIN.framenumber%
STOP %event.detail.dm.STOP.timestamp%
スワップ %event.detail.dm.SWAP.asset%
スウォッチ %event.detail.dm.SWATCH.frame%
  %event.detail.dm.SWATCH.label%
TARG %event.detail.dm.TARG.frame%
  %event.detail.dm.TARG.label%
ズーム %event.detail.dm.ZOOM.scale%

その他のリソース

このページ