AEM AssetsでのDynamic Media 360 ビデオとカスタムビデオサムネールの使用

AEM 6.5 のDynamic Mediaビューアの機能強化には、360 ビデオレンダリング、360 メディアビューア(video360Social および video360VR)のサポートと、カスタムビデオサムネールを選択する機能が含まれています。

メモ

ビデオは、AEMインスタンスがDynamic Media S7 モードで動作していることを前提としています。 Dynamic MediaでのAEMの設定手順については、こちらを参照してください。. ビデオをアップロードすると、デフォルトでは、Dynamic Mediaはフッテージの縦横比が 2:1 の場合、360 ビデオとして処理します。 つまり、幅と高さの比率は 2:1 です。

メモ

Dynamic Media 360 メディアコンポーネントは、360 ビデオのみをサポートしています。

Dynamic Media 360 ビデオ

360 度ビデオ(球形ビデオとも呼ばれる)は、全方向のビューが同時に記録されるビデオ録画で、全方向のカメラやカメラのコレクションを使用して撮影します。 フラットディスプレイでの再生時には、ユーザーは表示方向を制御でき、モバイルデバイスでの再生では通常、組み込みのジャイロスコープ制御を利用します。 1 枚の写真の限界を超えて広がることができます。 マーケターは、360 ビデオを利用して、ユーザーを魅力的なエクスペリエンスに導くことができます。 始めましょう。 パノラマ画像の縦横比の基準は、会社の DMS7 設定で、 /conf/global/settings/cloudconfigs/dmscene7/jcr:content にある double プロパティ s7PanoramicAR を指定することで変更できます。

Dynamic Media 360 ビデオ

Dynamic Mediaビデオで、ビデオのカスタムサムネールを選択する機能がサポートされるようになりました。 ユーザーは、AEM Assetsから既存のアセットを選択するか、サムネールとしてビデオフレームを選択できます。

Dynamic 360 メディアビューア

  **Video360Social ビューア** **Video360VR ビューア**
Dynamic Media実行モード Dynamic Media Scene7モードのみ Dynamic Media Scene7モードのみ

ユースケース

ジャイロスコープをサポートしない Web サイトやデバイスの場合

 

ジャイロスコープをサポートするデバイスに仮想現実エクスペリエンスを提供 

オーディオ — ステレオモード いいえ はい
ビデオ再生 はい はい
POV ナビゲーション
  • マウスドラッグ(デスクトップシステム上)
  • スワイプ(タッチデバイス)
  • マウスとドラッグのオプションは無効です
  • 組み込みのジャイロスコープを使用
HTML5 プレーヤー はい はい
ソーシャル共有オプション はい いいえ

その他のリソース

Scene7モードでのDynamic Mediaの設定

このページ