HTL グローバルオブジェクト

何も指定しなくても、global.jsp をインクルードすると、通常 JSP で使用可能なすべてのオブジェクトへのアクセスが HTL で提供されます。これらのオブジェクトは、Use-API を利用した際に一緒に提供されます。

可算オブジェクト

これらのオブジェクトを使用すると、よく使用する情報に便利にアクセスできます。それらのオブジェクトのコンテンツには、ドット表記を使用してアクセスできます。また、data-sly-list または data-sly-repeat を使用すると、反復処理が可能です。

変数名 説明
properties 現在の Resource のプロパティのリスト。org.apache.sling.api.resource.ValueMapに支援
pageProperties 現在の Page のページプロパティのリスト。org.apache.sling.api.resource.ValueMapに支援
inheritedPageProperties 現在の Page の継承されたページプロパティのリスト。org.apache.sling.api.resource.ValueMapに支援

Java ベースのオブジェクト

次に示す各オブジェクトは、対応する Java オブジェクトをベースとします。

以下の表では、特に便利な変数を太字で強調表示しています。

変数名 説明
component com.day.cq.wcm.api.components.Component
componentContext com.day.cq.wcm.api.components.ComponentContext
currentDesign com.day.cq.wcm.api.designer.Design
currentNode javax.jcr.Node
currentPage com.day.cq.wcm.api.Page
currentSession javax.servlet.http.HttpSession
currentStyle com.day.cq.wcm.api.designer.Style
designer com.day.cq.wcm.api.designer.Designer
editContext com.day.cq.wcm.api.components.EditContext
log org.slf4j.Logger
out java.io.PrintWriter
pageManager com.day.cq.wcm.api.PageManager
reader java.io.BufferedReader
request org.apache.sling.api.SlingHttpServletRequest
resolver org.apache.sling.api.resource.ResourceResolver
resource org.apache.sling.api.resource.Resource
resourceDesign com.day.cq.wcm.api.designer.Design
resourcePage com.day.cq.wcm.api.Page
response org.apache.sling.api.SlingHttpServletResponse
sling org.apache.sling.api.scripting.SlingScriptHelper
slyWcmHelper com.adobe.cq.sightly.WCMScriptHelper
wcmmode com.adobe.cq.sightly.SightlyWCMMode
xssAPI com.adobe.granite.xss.XSSAPI

JavaScript ベースのオブジェクト

JavaScriptを使用してHTLロジックをバックアップできます。 ただし、推奨または推奨される方法は、Slingモデルを使用することです。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free