フォーム非表示コンポーネント

コアコンポーネントのフォーム非表示コンポーネントを使用すれば、非表示フィールドを表示できます。

使用方法

コアコンポーネントのフォーム非表示コンポーネントを使用すれば、非表示フィールドを作成して、現在のページに関する情報を AEM に返すことができます。このコンポーネントは、フォームコンテナコンポーネントと共に使用するためのものです。

フィールドのプロパティは、コンテンツ編集者が設定ダイアログで定義できます。

バージョンと互換性

このドキュメントでは、フォーム非表示コンポーネントの現在のバージョン(2018 年 1 月にコアコンポーネントのリリース 2.0.0 で導入された v2)について説明します。

コンポーネントのすべてのサポート対象バージョン、コンポーネントの各バージョンと互換性のある AEM バージョン、以前のバージョンのドキュメントへのリンクを次の表に示します。

コンポーネントのバージョン AEM 6.4 AEM 6.5 AEM as a Cloud Service
v2 互換性あり 互換性あり 互換性あり
v1 互換性あり 互換性あり -

コアコンポーネントのバージョンとリリースについて詳しくは、コアコンポーネントのバージョンを参照してください。

コンポーネント出力のサンプル

フォーム非表示コンポーネントを実際に体験し、その設定オプションや HTML および JSON 出力の例を確認するには、コンポーネントライブラリを参照してください。

技術的詳細

フォームの非表示メントコンポーネントに関する最新の技術ドキュメントについては、GitHub を参照してください。

コアコンポーネントの開発について詳しくは、コアコンポーネント開発者向けドキュメントを参照してください。

設定ダイアログ

設定ダイアログでは、コンテンツ作成者が非表示フィールドのパラメーターを定義できます。

フォーム非表示の編集ダイアログ

  • 名前 - フィールドの名前(フォームデータと共に送信されます)
  • - フィールドの値(フォームデータと共に送信されます)
  • ID - このオプションを使用すると、HTML 内および データレイヤー内のコンポーネントの一意の識別子を制御できます。
    • 空白のままにした場合、一意の ID が自動的に生成されます。生成された ID は結果のページを調べることで確認できます。
    • ID を指定した場合、作者はその ID が一意であることを確認する必要があります。
    • ID を変更すると、CSS、JS、およびデータレイヤーのトラッキングに影響を与える可能性があります。

フォーム非表示コンポーネントには通常、表示される属性がありません。そのため、「名前」フィールドと「」フィールドの値が割り当てられている場合、エディターのコンポーネントのプレースホルダーにはそれらのフィールド値が表示され、作成者が適切なフォーム非表示コンポーネントを識別できるようになっています。

フォーム非表示コンポーネントの例

デザインダイアログ

「スタイル」タブ

フォーム非表示コンポーネントは、AEM スタイルシステムをサポートしています。

このページ