オーサリングに関する概念

AEM インストールは、通常、少なくとも次の 2 つの環境で構成されます。

  • オーサー
  • 公開

これらの環境が相互に影響することで、コンテンツが Web サイト上に公開され、訪問者がアクセスできるようになります。

オーサー環境は、コンテンツを作成および更新し、実際にコンテンツを公開する前にレビューするためのメカニズムを提供します。

  • 作成者がコンテンツを作成しレビューします。ページ、アセット、パブリケーションなど、様々なタイプのコンテンツがあります。
  • このコンテンツが、ある時点で Web サイトに公開されます。

オーサー、パブリッシャー、ディスパッチャーの模式図

オーサー環境では、AEM の機能は AEM のオーサリング UI を通じて利用できます。パブリッシュ環境では、ユーザーに公開するインターフェイスの全体的なルックアンドフィールをデザインします。

オーサー環境

作成者は、オーサー環境​と呼ばれる環境で作業します。この環境では、便利なグラフィカルユーザーインターフェイス(GUI または UI)を使用して、コンテンツを作成できます。適切なアクセス権が割り当てられたアカウントを使用して、作成者が環境にログインする必要があります。

メモ

コンテンツの作成、編集または公開のための適切なアクセス権限を持つアカウントが必要です。

使用しているインスタンスや、個人のアクセス権限の設定に合わせて、コンテンツに対して次をはじめとする多くのタスクを実行できます。

  • ページでの新しいコンテンツの生成や既存のコンテンツの編集
  • 事前定義済みのテンプレートを使用した、新しいコンテンツページの作成
  • アセットやコレクションの作成、編集、管理
  • コンテンツページやアセットなどの移動、コピー、削除
  • ページやアセットなどの公開(または非公開)

さらに、コンテンツの管理に役立つ次のような管理タスクがあります。

  • 変更の管理方法を制御するワークフロー(公開前のレビューの適用など)
  • 個々のタスクを調整するプロジェクト
メモ

AEM はオーサー環境からも管理されます。

パブリッシュ環境

準備が完了したサイトのコンテンツは、パブリッシュ環境​に公開されます。これで、対象となるオーディエンスは、設計したインターフェイスのルックアンドフィールどおりに Web サイトのページを利用できます。

ページの公開と非公開について詳しくは、ページの公開を参照してください。

Dispatcher

Web サイトの訪問者に対するパフォーマンスを最適化するには、Dispatcher を使用してロードバランシングとキャッシングを実装します。

このページ