オーサリング時の AEM のトラブルシューティング

ここでは、AEM の使用時に発生する可能性のあるいくつかの問題を取り上げます。また、それらのトラブルシューティング方法に関する推奨事項についても説明します。

公開されたサイト上に古いバージョンのページがまだある

  • 問題
    • ページに変更を加えてそのページを公開サイトに公開しましたが、公開サイトでは​古い​バージョンのページが依然として表示されます。
  • 理由:
    • いくつかの原因が考えられます。キャッシュ(ローカルブラウザーまたは Dispatcher のキャッシュ)が原因である場合がほとんどですが、レプリケーションキューに問題があることもあります。
  • ソリューション:
    • これには、様々な原因が考えられます。
    • ページが正しくレプリケートされていることを確認します。ページのステータスや、必要に応じてレプリケーションキューの状態をチェックします。
    • ローカルブラウザーのキャッシュをクリアして、ページに再度アクセスします。
    • ページ URL の末尾に ? を追加します。以下に例を示します。
      • http://<host>:<port>/sites.html/content?
      • これによって、ページが AEM から直接リクエストされ、Dispatcher がスキップされます。更新されたページを受け取った場合、Dispatcher のキャッシュをクリアする必要があることを表しています。
    • システム管理者に問い合わせて、レプリケーションキューに問題があることを伝えます。

コンポーネントのアクションがツールバーに表示されない

  • 問題
    • オーサー環境でのコンテンツページの編集中に、使用可能なすべてのコンポーネントのアクションが表示されません。
  • 理由:
    • まれに、前のアクションがツールバーに影響を及ぼすことがあります。
  • 解決策:
    • ページを更新します。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now