CSV ファイルへの書き出し

CSV レポートの作成​では、ページの情報をローカルシステムの CSV ファイルに書き出すことができます。

  • ダウンロードしたファイルの名前は export.csv になります。
  • コンテンツは、選択するプロパティによって異なります。
  • 書き出しのパスと深さを定義できます。
メモ

ブラウザーのダウンロード機能(およびデフォルトのダウンロード先)が使用されます。

CSV の書き出しファイルを作成​ウィザードでは、次の要素を選択できます。

  • 書き出すプロパティ
    • メタデータ
      • 名前
      • 変更済み
      • 公開済み
      • テンプレート
      • ワークフロー
    • 翻訳
      • 翻訳済み
    • 分析
      • ページ表示
      • 個別訪問者数
      • ページ滞在時間
  • 深さ
    • 親パス
    • 直属の子要素のみ
    • 追加の子のレベル
    • レベル

生成された export.csv ファイルは、Excel(または互換性のあるその他のアプリケーション)で開くことができます。

CSV の書き出しファイルを作成するには、次の手順を実行します。

  1. サイト​コンソールを開き、必要に応じて必要な場所まで移動します。

    • (リスト表示で)サイト​コンソールを参照すると、「CSV レポート」オプションを使用できます。

    • これは、「作成」ドロップダウンメニューのオプションです。

      CSV 作成オプション

  2. ツールバーの「作成」をクリックし、「CSV レポート」を選択してウィザードを開きます。

    CSV 書き出しオプション

  3. 書き出す必要があるプロパティを選択します。

  4. 作成」を選択します。
    CSV への書き出しで生成された Excel ファイル

このページ