ページ注釈の追加

デジタルエクスペリエンス向けにコンテンツを作成するには、多くの場合、公開前にディスカッションとフィードバックが必要です。 このフィードバックプロセスを支援するために、AEMではコンテンツに注釈を追加できます。

注釈を付けると、単純なスケッチやメモ(実際の付箋)がページに配置されます。 注釈を使用すると、他の作成者やレビュー担当者に対してコメントや質問を残すことができます。

ヒント

ページでフィードバックを提供するために、コメントも使用できます。

注釈の作成と表示には、特別なモードが使用されます。

ヒント

要件に応じて、注釈が追加、更新または削除されたときに通知を送信するワークフローを開発することもできます。

注釈インジケーター

注釈は編集モードでは表示されませんが、ツールバーの右上にあるバッジに、現在のページに存在する注釈の数が示されます。このバッジは、デフォルトの注釈アイコンに代わるものですが、注釈モードと切り替えるクイックリンクとしても動作します。

注釈インジケーター

注釈モード

注釈は、注釈モードでのみ表示されます。

  1. ページの編集時に、ツールバー(右上)のアイコンを使用して注釈モードに入ります。

    注釈ボタン

    既存の注釈を表示できるようになりました。

    注釈の例

  2. 注釈をクリックまたはタップして注釈ダイアログを開き、詳細を表示します。

    注釈の詳細

  3. 注釈モードを終了して以前に使用したモードに戻るには、上部のツールバーの右側にある「x」ボタンをタップまたはクリックします。

注釈の追加と編集

注釈モードでは、注釈の表示に加えて、コンテンツに対する注釈の作成、編集、移動または削除をおこなうことができます

  1. ページで注釈 モードを開始します。

  2. 注釈の追加を開始するには、注釈を追加アイコン(ツールバーの左側にあるプラス記号)をクリックまたはタップします。

  3. 必要なコンポーネント(注釈を付けることができるコンポーネントは、青い境界線でハイライト表示されます)をクリックまたはタップして注釈を追加し、ダイアログを開きます。

    注釈の追加

    このダイアログで適切なフィールドやアイコンを使用し、次の操作を実行できます。

    • 注釈テキストを入力します。

    • スケッチ(線と図形)を作成して、コンポーネントの特定の領域を強調表示します。

      注釈のスケッチボタン

      スケッチの作成中は、カーソルが十字型に変わります。複数の異なる線を描くことができます。スケッチ線は注釈と同じ色で、矢印、円、楕円のいずれかにすることができます。

    • 色を選択または変更します。

      注釈のカラースウォッチボタン

  4. ダイアログの外側をクリックまたはタップして、注釈ダイアログを閉じることができます。 注釈の一部がスケッチと共に表示されます。

    注釈のスケッチ

  5. 特定の注釈の編集が完了した後は、次の操作を実行できます。

    • テキストマーカーをクリックまたはタップして注釈を開きます。 開いたら、全文を表示したり、変更を加えたり、注釈を削除したりできます。
    • テキストマーカーの位置を変更します。
    • スケッチ線をクリックまたはタップしてそのスケッチを選択し、目的の位置までドラッグします。
    • コンポーネントの移動またはコピー
      • 関連する注釈とスケッチも移動またはコピーされますが、段落に対する位置は変わりません。
メモ

別のユーザーによってロックされているページには、注釈を追加できません。

メモ

個々のコンポーネントの種類の定義によって、そのコンポーネントのインスタンスに注釈を追加できるかどうかが決まります。

注釈とスケッチの削除

注釈と関連するスケッチは削除できます。

  1. ページで注釈 モードを開始します。

  2. テキストマーカーをクリックまたはタップして注釈を開きます。

  3. 「削除」アイコンをクリックまたはタップします。

    注釈を削除

  4. 注釈と関連するスケッチがすべて削除されます。

メモ

コンポーネントを削除すると、そのリソースに添付された注釈およびスケッチが、ページ全体での位置に関係なく、すべて削除されます。

スケッチのみを削除する

関連付けられたスケッチを含む注釈全体ではなく、特定のスケッチのみを削除できます。

  1. ページで注釈 モードを開始します。

  2. スケッチをクリックまたはタップします。 AEMでは、暗い青いボックスでハイライト表示されます。

    削除するスケッチを選択

  3. キーボードのDeleteキーを押します。

  4. スケッチは削除されますが、注釈は残ります。

その他のリソースへの注釈の追加

コンポーネント以外にも、様々なリソースに注釈を付けることができます。

このページ