翻訳するコンテンツの特定

翻訳プロジェクトに追加する、または翻訳プロジェクトから除外するページ、コンポーネントおよびアセットの翻訳対象コンテンツは翻訳ルールによって特定されます。ページまたはアセットを翻訳する場合は、AEM がそのコンテンツを抽出して、翻訳サービスに送信できるようにします。

ヒント

コンテンツの翻訳を初めておこなう場合は、 サイト翻訳ジャーニー、 AEMの強力な翻訳ツールを使用してAEM Sitesのコンテンツを翻訳する手順を示すガイド付きのツールです。AEMや翻訳の経験がないユーザーに最適です。

ページとアセットは、JCR リポジトリー内のノードとして表されます。抽出されるコンテンツはノードの 1 つ以上のプロパティ値です。抽出するコンテンツを格納するプロパティは翻訳ルールで特定されます。

翻訳ルールは XML 形式で表現され、次の場所に格納されています。

  • /libs/settings/translation/rules/translation_rules.xml
  • /apps/settings/translation/rules/translation_rules.xml
  • /conf/global/settings/translation/rules/translation_rules.xml

このファイルはすべての翻訳プロジェクトに適用されます。

ルールには以下の情報が含まれます。

  • ルールが適用されるノードのパス
    • ノードの子ノードにもルールが適用されます。
  • 翻訳するコンテンツを含んだノードプロパティの名前
    • このプロパティは、特定のリソースタイプに固有のものでも、すべてのリソースタイプに固有のものでもかまいません。

例えば、ページ上のすべてのテキストコンポーネントに作成者が追加するコンテンツを翻訳するルールを作成できます。このルールでは、/content ノードと core/wcm/components/text/v2/text コンポーネントの text プロパティを識別できます。

翻訳ルールの設定用に追加されたコンソールがあります。UI での定義の内容がファイルに自動的に入力されます。

AEM のコンテンツ翻訳機能の概要については、多言語サイトのコンテンツの翻訳を参照してください。

メモ

AEM は、ページ上の参照コンテンツの翻訳に関して、リソースタイプと参照属性の 1 対 1 マッピングをサポートしています。

ページ、コンポーネントおよびアセット用のルールの構文

ルールとは、1 個以上の node 子要素と 0 個以上の property 子要素を含む node 要素です。

<node path="content path">
          <property name="property name" [translate="false"]/>
          <node resourceType="component path" >
               <property name="property name" [translate="false"]/>
          </node>
</node>

これらの各 node 要素には以下の特徴があります。

  • path 属性には、ルールが適用されるブランチのルートノードのパスが格納されます。
  • property 子要素は、すべてのリソースタイプについて、翻訳するノードプロパティを特定します。
    • name 属性には、プロパティ名が格納されます。
    • プロパティが翻訳されていない場合、オプションの translate 属性は false になります。デフォルト値は true です。この属性は、以前のルールを上書きする場合に役立ちます。
  • node 子要素は、特定のリソースタイプについて、翻訳するノードプロパティを特定します。
    • resourceType 属性には、リソースタイプを実装するコンポーネントに解決されるパスが格納されます。
    • property 子要素は、翻訳するノードプロパティを特定します。このノードは、ノードルールの property 子要素と同じ方法で使用します。

以下のルール例を適用すると、/content ノード下のすべてのページについて、すべての text プロパティのコンテンツが翻訳されます。このルールは、テキストコンポーネントなど、text プロパティにコンテンツを格納するすべてのコンポーネントに対して有効です。

<node path="/content">
          <property name="text"/>
</node>

次の例では、すべての text プロパティのコンテンツを翻訳し、画像コンポーネントのその他のプロパティも翻訳します。その他のコンポーネントに同じ名前のプロパティが含まれている場合、それらのプロパティにはルールが適用されません。

<node path="/content">
      <property name="text"/>
      <node resourceType="core/wcm/components/image/v2/image">
         <property name="image/alt"/>
         <property name="image/jcr:description"/>
         <property name="image/jcr:title"/>
      </node>
</node>

ページからアセットを抽出するルールの構文

次に示すルールの構文を使用して、コンポーネントに埋め込むアセットまたはコンポーネントから参照するアセットを追加します。

<assetNode resourceType="path to component" assetReferenceAttribute="property that stores asset"/>

assetNode 要素には以下の特徴があります。

  • 1 つの resourceType 属性は、コンポーネントに解決されるパスと等しくなります。
  • 1 つの assetReferenceAttribute 属性は、(埋め込みアセット用の)アセットバイナリを格納するプロパティの名前または参照先のアセットのパスと等しくなります。

次の例では、画像コンポーネントから画像を抽出します。

<assetNode resourceType="core/wcm/components/image/v2/image" assetReferenceAttribute="fileReference"/>

ルールの上書き

translation_rules.xml ファイルは、複数の node 子要素を持つ nodelist 要素で構成されます。AEM は、このノードリストを上から下に読み取ります。複数のルールが同じノードをターゲットにする場合は、ファイル内で下方にあるルールが使用されます。例えば、以下のルールを適用すると、ページの /content/mysite/en ブランチを除く、text プロパティのすべてのコンテンツが翻訳されます。

<nodelist>
     <node path="/content”>
           <property name="text" />
     </node>
     <node path=“/content/mysite/en”>
          <property name=“text” translate=“false" />
     </node>
<nodelist>

プロパティのフィルタリング

filter 要素を使用して、特定のプロパティを持つノードをフィルタリングできます。

例えば、次のルールを使用すると、プロパティ textdraft に設定されている場合を除き、true プロパティのすべてのコンテンツが翻訳されます。

<nodelist>
    <node path="/content”>
     <filter>
   <node containsProperty="draft" propertyValue="true" />
     </filter>
        <property name="text" />
    </node>
<nodelist>

翻訳ルール UI

コンソールを使用して翻訳ルールを設定することもできます。

コンソールにアクセスするには:

  1. ツール一般​に移動します。

  2. 翻訳設定」を選択します。

翻訳ルール UI では、次の操作を行えます。

  1. コンテキストを追加​でパスを追加できます。

    翻訳コンテキストの追加

  2. パスブラウザーを使用して必要なコンテキストを選択し、「確認」ボタンをタップまたはクリックして保存します。

    コンテキストの選択

  3. 次に、コンテキストを選択して「編集」をクリックする必要があります。これにより、翻訳ルールエディターが開きます。

    翻訳ルールエディター

この UI を使用して変更できる属性は、次のとおり 4 つあります。

  • isDeep
  • inherit
  • translate
  • updateDestinationLanguage

isDeep

isDeep はノードフィルターに適用可能で、デフォルトでは true です。ノード(またはその上位ノード)に、フィルターで指定されたプロパティ値を持つそのプロパティが含まれているかどうかをチェックします。false の場合は、現在のノードのみでチェックします。

例えば、ドラフトコンテンツであることを示すために親ノードの draftOnly プロパティが true に設定されている場合でも、子ノードは翻訳ジョブに追加されます。ここで、isDeep が機能し、親ノードの draftOnly プロパティが true であるかどうかをチェックして、それらの子ノードを除外します。

エディターでは、「フィルター」タブで「サブ項目の有無」をチェックまたはチェック解除できます。

フィルタールール

UI で「サブ項目の有無」をチェック解除した場合に得られる XML の例を次に示します。

 <filter>
    <node containsProperty="draftOnly" isDeep="false" propertyValue="true"/>
</filter>

inherit

inherit はプロパティに適用できます。デフォルトではすべてのプロパティが継承されますが、一部のプロパティが子で継承されないようにする場合は、その特定のノードのみに適用されるように、そのプロパティを false に指定できます。

UI では、「プロパティ」タブで「継承」をチェックまたはチェック解除できます。

translate

translate は、プロパティを翻訳するかどうかを指定するためにのみ使用されます。

UI では、「プロパティ」タブで「翻訳」をチェックまたはチェック解除できます。

updateDestinationLanguage

updateDestinationLanguage は、テキストを持たないが言語コード(jcr:language など)を持つプロパティに対して使用されます。ユーザーはテキストを翻訳していませんが、ソースから宛先への言語ロケールを設定します。そのようなプロパティは、翻訳用に送信されません。

UI では、言語コードを値として持つ特定のプロパティについてのみ、「プロパティ」タブで「翻訳」をチェックまたはチェック解除してこの値を変更できます。

updateDestinationLanguagetranslate の違いを明確にするために、ルールが 2 つのみのコンテキストの単純な例を次に示します。

updateDestinationLanguage の例

xml での結果は、次のようになります。

<property inherit="true" name="text" translate="true" updateDestinationLanguage="false"/>
<property inherit="true" name="jcr:language" translate="false" updateDestinationLanguage="true"/>

ルールファイルの手動編集

AEM と共にインストールされる translation_rules.xml ファイルには、デフォルトの翻訳ルールセットが記述されています。翻訳プロジェクトの要件をサポートするように、このファイルを編集できます。例えば、カスタムコンポーネントのコンテンツが翻訳されるように、ルールを追加できます。

translation_rules.xml ファイルを編集する場合は、バックアップコピーをコンテンツパッケージに保存しておきます。特定の AEM パッケージを再インストールすると、現在の translation_rules.xml ファイルが元のファイルに置き換わる可能性があります。この状況でルールを復元するには、バックアップコピーを含むパッケージをインストールします。

メモ

コンテンツパッケージを作成した後は、ファイルを編集するたびにパッケージを再ビルドしてください。

翻訳ルールファイルのサンプル

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?><nodelist>
  <node path="/content">
    <property name="addLabel"/>
    <property name="allowedResponses"/>
    <property name="alt"/>
    <property name="attachFileLabel"/>
    <property name="benefits"/>
    <property name="buttonLabel"/>
    <property name="chartAlt"/>
    <property name="confirmationMessageToggle"/>
    <property name="confirmationMessageUntoggle"/>
    <property name="constraintMessage"/>
    <property name="contentLabel"/>
    <property name="denyText"/>
    <property name="detailDescription"/>
    <property name="emptyText"/>
    <property name="helpMessage"/>
    <property name="image/alt"/>
    <property name="image/jcr:description"/>
    <property name="image/jcr:title"/>
    <property name="jcr:description"/>
    <property name="jcr:title"/>
    <property name="heading"/>
    <property name="label"/>
    <property name="main"/>
    <property name="listLabel"/>
    <property name="moreText"/>
    <property name="pageTitle"/>
    <property name="placeholder"/>
    <property name="requiredMessage"/>
    <property name="resetTitle"/>
    <property name="subjectLabel"/>
    <property name="subtitle"/>
    <property name="tableData"/>
    <property name="text"/>
    <property name="title"/>
    <property name="navTitle"/>
    <property name="titleDivContent"/>
    <property name="toggleLabel"/>
    <property name="transitionLabel"/>
    <property name="untoggleLabel"/>
    <property name="name"/>
    <property name="occupations"/>
    <property name="greetingLabel"/>
    <property name="signInLabel"/>
    <property name="signOutLabel"/>
    <property name="pretitle"/>
    <property name="cq:panelTitle"/>
    <property name="actionText"/>
    <property name="cq:language" updateDestinationLanguage="true"/>
    <node pathContains="/cq:annotations">
      <property name="text" translate="false"/>
    </node>
    <node path="/content/wknd"/>
  </node>
  <node path="/content/forms">
    <property name="text" translate="false"/>
  </node>
  <node path="/content/dam">
    <property name="dc:description"/>
    <property name="dc:rights"/>
    <property name="dc:subject"/>
    <property name="dc:title"/>
    <property name="defaultContent"/>
    <property name="jcr:description"/>
    <property name="jcr:title"/>
    <property name="pdf:Title"/>
    <property name="xmpRights:UsageTerms"/>
    <property name="main"/>
    <property name="adventureActivity"/>
    <property name="adventureDescription"/>
    <property name="adventureDifficulty"/>
    <property name="adventureGearList"/>
    <property name="adventureGroupSize"/>
    <property name="adventureItinerary"/>
    <property name="adventurePrice"/>
    <property name="adventureTitle"/>
    <property name="adventureTripLength"/>
    <property name="adventureType"/>
    <node pathContains="/jcr:content/metadata/predictedTags">
      <property name="name"/>
    </node>
  </node>
  <assetNode assetReferenceAttribute="fragmentPath" resourceType="cq/experience-fragments/editor/components/experiencefragment"/>
  <assetNode assetReferenceAttribute="fragmentVariationPath" resourceType="core/wcm/components/experiencefragment/v1/experiencefragment"/>
  <assetNode assetReferenceAttribute="fileReference" resourceType="dam/cfm/components/contentfragment"/>
  <assetNode resourceType="docs/components/download"/>
  <assetNode resourceType="docs/components/image"/>
  <assetNode assetReferenceAttribute="fileReference" resourceType="foundation/components/image"/>
  <assetNode assetReferenceAttribute="asset" resourceType="foundation/components/video"/>
  <assetNode assetReferenceAttribute="fileReference" resourceType="foundation/components/download"/>
  <assetNode assetReferenceAttribute="fileReference" resourceType="core/wcm/components/download/v1/download"/>
  <assetNode assetReferenceAttribute="fileReference" resourceType="wcm/foundation/components/image"/>
  <assetNode assetReferenceAttribute="fragmentPath" resourceType="core/wcm/components/contentfragment/v1/contentfragment"/>
  <assetNode assetReferenceAttribute="fileReference" resourceType="core/wcm/components/image/v2/image"/>
</nodelist>

このページ