翻訳するコンテンツの準備

通常、多言語の Web サイトは、ある程度の量のコンテンツを複数の言語で提供します。サイトは 1 つの言語でオーサリングされてから、他の言語に翻訳されます。通常、多言語サイトはページのブランチで構成されます。各ブランチには、異なる言語のサイトのページが含まれています。

ヒント

コンテンツを初めて翻訳する場合は、 AEMの強力な翻訳ツールを使用してAEM Sitesコンテンツを翻訳する際のガイドとなるサイト翻訳ジャーニー()を参照してください。AEMや翻訳の経験がないユーザーに最適です。

WKND チュートリアルサイトには、複数の言語ブランチが含まれています。使用される構造は次のとおりです。

/content
    |- wknd
        |- language-masters
            |- en
            |- de
            |- es
            |- fr
            |- it
        |- us
            |- en
            |- es
        |- ca
            |- en
            |- fr
        |- ch
            |- de
            |- fr
            |- it
        |- de
            |- de
        |- fr
            |- fr
        |- es
            |- es
        |- it
            |- it

サイトのコンテンツを最初にオーサリングするための言語コピーが言語マスターです。言語マスターは、他の言語に翻訳されるソースです。

サイトの各言語ブランチは言語コピーと呼ばれます。言語コピーのルートページ(言語ルート)では、言語コピー内のコンテンツの言語を識別します。例えば、/content/wknd/fr は、フランス語の言語コピー用の言語ルートです。ソースサイトの翻訳の実行時に適切な言語がターゲットになるように、言語コピーでは、正しく設定された言語ルートを使用する必要があります。

翻訳するサイトを準備するには、次の手順を使用します。

  1. 言語マスターの言語ルートを作成します。例えば、英語 WKND Demo Site の言語ルートは /content/wknd/language-masters/en です。言語ルートの作成に記載の情報に従って言語ルートが正しく設定されていることを確認してください。
  2. 言語マスターのコンテンツをオーサリングします。
  3. サイトの各言語コピーの言語ルートを作成します。例えば、WKND のサンプルサイトのフランス語の言語コピーは /content/wknd/language-masters/fr です。

翻訳するコンテンツの準備が完了したら、言語コピーおよび関連する翻訳プロジェクトの不足ページを自動的に作成できます(翻訳プロジェクトの作成を参照)。AEM のコンテンツ翻訳プロセスの概要については、多言語サイトのコンテンツの翻訳を参照してください。

言語ルートの作成

コンテンツの言語を識別する言語コピーのルートページとして言語ルートを作成します。言語ルートを作成したら、言語コピーを含む翻訳プロジェクトを作成できます。

言語ルートを作成するには、ページを作成し、「名前」プロパティの値として ISO 言語コードを使用します。言語コードは次のどちらかの形式にしてください。

  • <language-code>:サポートされている言語コードは、ISO-639-1 で定義されている 2 文字のコード(例:en)です。
  • <language-code>_<country-code> または <language-code>-<country-code>:サポートされている国コードは、ISO 3166 で定義されている小文字または大文字 2 文字のコード(例:、en_USen_usen_GBen-gb)です。

グローバルサイト用に選択した構造に従って、どちらかの形式を使用できます。例えば、WKND サイトのフランス語の言語コピーのルートページの「fr名前​」プロパティは になります。「名前」プロパティは、リポジトリ内の page ノードの名前として使用されるため、このプロパティによってページのパス(http://<host>:<4502>/content/wknd/language-masters/fr.html)が指定されます。

  1. サイトに移動します。

  2. 言語コピーを作成するサイトをクリックまたはタップします。

  3. 作成ページを作成​をクリックまたはタップします。

    ページを作成

  4. ページテンプレートを選択して、「次へ」をクリックまたはタップします。

  5. 名前」フィールドに言語コードを入力します。言語コードの形式は <language-code> または <language-code>_<country-code> です。例:enen_USen_usen_GBen_gb。ページのタイトルを入力します。

    言語ルートページの作成

  6. 作成」をクリックまたはタップします。確認のダイアログボックスで、「完了」をクリックまたはタップして Sites コンソールに戻ります。または「開く」をクリックまたはタップして言語コピーを開きます。

言語ルートのステータスの確認

AEM には​参照​パネルがあります。このパネルには、作成された言語ルートのリストが表示されます。

言語ルート

次の手順に従い、パネルセレクターを使用したページの言語コピーを表示します。

  1. Sites コンソールで、サイトのページを選択し、「参照」をクリックまたはタップします。

    参照パネルを開く

  2. 参照パネルで、「言語コピー」をクリックまたはタップします。Web サイトの言語コピーがパネルに表示されます。

複数のレベルの言語コピー

言語ルートは、言語コピーのルートを認識できる状態で、ノード(地域など)の下にグループ化することもできます。

/content
    |- wknd
        |- language-masters
            |- europe
                |- de
                |- fr
                |- it
                |- es
                ]- pt
            |- americas
                |- en
                |- es
                |- fr
                |- pt
            |- asia
                |- ...
            |- africa
                |- ...
            |- oceania
                |- ...
        |- europe
        |- americas
        |- asia
        |- africa
        |- oceania            
メモ

1 レベルのみ許可されます。例えば、次の場合、es ページで言語コピーを解決することはできません。

  • /content/wknd/language-masters/en
  • /content/wknd/language-masters/americas/central-america/es

この es 言語コピーは、en ノードから 2 レベル離れている(americas/central-america)ので、検出されません。

ヒント

このような設定では、言語ルートは、言語の ISO コードだけでなく、任意のページ名を持つことができます。AEM は常に最初にパスと名前を確認しますが、ページ名で言語が識別されない場合は、ページの cq:language プロパティを確認して言語を識別します。

このページ