翻訳するコンテンツの準備

通常、多言語の Web サイトは、ある程度の量のコンテンツを複数の言語で提供します。サイトは 1 つの言語でオーサリングされてから、他の言語に翻訳されます。通常、多言語サイトはページのブランチで構成されます。各ブランチには、異なる言語のサイトのページが含まれています。

WKNDチュートリアルサイトには、複数の言語の分岐が含まれ、次の構造を使用します。

/content
    |- wknd
        |- language-masters
            |- en
            |- de
            |- es
            |- fr
            |- it
        |- us
            |- en
            |- es
        |- ca
            |- en
            |- fr
        |- ch
            |- de
            |- fr
            |- it
        |- de
            |- de
        |- fr
            |- fr
        |- es
            |- es
        |- it
            |- it

サイトのコンテンツを最初にオーサリングするための言語コピーが言語マスターです。言語マスターは、他の言語に翻訳されるソースです。

サイトの各言語ブランチは言語コピーと呼ばれます。言語コピーのルートページ(言語ルート)では、言語コピー内のコンテンツの言語を識別します。例えば、/content/wknd/frはフランス語のコピーの言語ルートです。 言語コピーでは、ソースサイトの翻訳を実行する際に正しい言語がターゲットになるように、正しく設定された言語ルートを使用する必要があります。

翻訳するサイトを準備するには、次の手順を使用します。

  1. 言語マスターの言語ルートを作成します。例えば、英語版のWKNDデモサイトの言語ルートは/content/wknd/language-masters/enです。 言語ルートの作成の情報に従って言語ルートが正しく設定されていることを確認します。
  2. 言語マスターのコンテンツをオーサリングします。
  3. サイトの各言語コピーの言語ルートを作成します。例えば、WKNDサンプルサイトのフランス語コピーは/content/wknd/language-masters/frです。

翻訳用にコンテンツを準備した後、言語コピーや関連する翻訳プロジェクトに、見つからないページを自動的に作成できます。(「翻訳プロジェクトの作成」を参照)。AEMでのコンテンツ翻訳プロセスの概要については、「多言語Webサイト用のコンテンツの翻訳」を参照してください。

言語ルートの作成

コンテンツの言語を識別する言語コピーのルートページとして言語ルートを作成します。言語ルートを作成したら、言語コピーを含む翻訳プロジェクトを作成できます。

言語ルートを作成するには、ページを作成し、Name​プロパティの値としてISO言語コードを使用します。言語コードは、次のいずれかの形式にする必要があります。

  • <language-code> — サポートされる言語コードは、ISO-639-1で定義される2文字のコードです。例えば、次のようになり enます。
  • <language-code>_<country-code> または <language-code>-<country-code> — サポートされる国コードは、ISO 3166で定義される小文字または大文字の2文字のコードです(例:、、 en_US en_us en_GB en-gb、)。

グローバルサイト用に選択した構造に従って、どちらかの形式を使用できます。例えば、WKNDサイトのフランス語コピーのルートページには、Name​プロパティとしてfrが含まれています。 Name​プロパティはリポジトリ内のページノードの名前として使用されるので、ページのパス(http://<host>:<4502>/content/wknd/language-masters/fr.html)を決定します。

  1. サイトに移動します。

  2. 言語コピーを作成するサイトをクリックまたはタップします。

  3. 作成」をクリックまたはタップし、「ページ」をクリックまたはタップします。

    ページの作成

  4. ページテンプレートを選択し、「次へ」をクリックまたはタップします。

  5. 名前​フィールドに、<language-code>または<language-code>_<country-code>の形式で国コードを入力します。例:enen_USen_usen_GBen_gb。 ページのタイトルを入力します。

    言語ルートページの作成

  6. 作成」をクリックまたはタップします。確認のダイアログボックスで、「完了」をクリックまたはタップしてサイトコンソールに戻ります。または「開く」をクリックまたはタップして言語コピーを開きます。

言語ルートのステータスの確認

AEMは、作成された言語ルートのリストを示す​参照​レールを提供します。

言語ルート

パネルセレクターを使用したページの言語コピーを次の手順表示に従います。

  1. サイトコンソールで、サイトのページを選択し、「参照」をクリックまたはタップします。

    参照レールを開く

  2. 参照レールで、「言語コピー」をクリックまたはタップします。 パネルには、Webサイトの言語コピーが表示されます。

複数のレベルの言語コピー

言語ルートは、例えば地域別にノードの下にグループ化することもできますが、言語コピーのルートとして認識され続けます。

/content
    |- wknd
        |- language-masters
            |- europe
                |- de
                |- fr
                |- it
                |- es
                ]- pt
            |- americas
                |- en
                |- es
                |- fr
                |- pt
            |- asia
                |- ...
            |- africa
                |- ...
            |- oceania
                |- ...
        |- europe
        |- americas
        |- asia
        |- africa
        |- oceania            
メモ

1 レベルのみ許可されます。例えば、次のように指定するとesページは言語コピーに解決されません。

  • /content/wknd/language-masters/en
  • /content/wknd/language-masters/americas/central-america/es

このes言語コピーは、enノードから2レベル(americas/central-america)離れているので、検出されません。

ヒント

このような設定では、言語ルートは、言語のISOコードだけでなく、任意のページ名を持つことができます。 AEMは常に最初にパスと名前を確認しますが、ページ名が言語を識別しない場合、AEMはページのcq:languageプロパティを調べて言語の識別を確認します。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now