MSMの問題とFAQのトラブルシューティング

最初の手順のトラブルシューティング

MSMで誤った動作やエラーと思われる問題が発生している場合は、トラブルシューティングを開始し、詳細なトラブルシューティングを行う前に、以下を確認してください。

  • MSM FAQを調べてください。問題や質問は既にそこで解決しているかもしれません。
  • MSMのベストプラクティスの記事を確認し、多数の誤解を説明するとともに、多くのヒントが提供されていることを確認します。

青写真とライブコピーの状態に関する詳細な情報を見つける

MSMは、リソースURLのセレクターと共に要求できる複数のサーブレットを登録します。 これらはUIで使用されますが、ページの高度な計算済みMSMステータスを直接表示するために直接要求することもできます。

  1. http://<host>:<port>/content/path/to/bluprint/page.blueprint.json?&maxSize=500&advancedStatus=true&returnRelationships=true&msm%3Atrigger=ROLLOUT
    • この情報は、ブループリントページで使用して、リンクされているすべてのライブコピーのリストと、追加のライブコピーのステータス情報を取得します。
  2. http://<host>:<port>/content/path/to/livecopy/page.msm.json
    • Live Copyページでこれを使用して、設計図ページとの関連に関する詳細情報を取得します。 ページがライブコピーでない場合は、何も返されません。

これらのサーブレットは、com.day.cq.wcm.msmロガーを介してDEBUGログメッセージを生成します。これも役に立ちます。

リポジトリ内のMSM固有の情報を確認しています

以前のサーブレットは、MSM固有のノードとミックスインに基づいて計算済みの情報を返しました。 情報は、次の方法でリポジトリに格納されます。

  • cq:LiveSync ミックスイン型
    • これはjcr:contentノードに設定され、ルートのライブコピーページを定義します。
    • これらのページにはタイプcq:LiveCopycq:LiveSyncConfig子ノードがあり、以下のプロパティを介してライブコピーの基本情報と必須情報が含まれます。
      • cq:master ライブコピーのブループリントページを指します。
      • cq:rolloutConfigs は、ライブコピーに適用されたアクティブなロールアウト設定を示します。
      • cq:isDeep は、このルートLive Copyページの子ページがライブコピーに含まれる場合はtrueです。
  • cq:LiveRelationship ミックスイン型
    • すべてのライブコピーページのjcr:contentノードにこのようなミックスインタイプがあります。
    • そうでない場合は、ライブコピーアクション(作成またはロールアウト)以外のオーサリングインターフェイスを使用して、ある時点でのページがデタッチまたは手動で作成されています。
  • cq:LiveSyncCancelled ミックスイン型
    • 中断されたライブコピーページのjcr:contentノードに追加されました。
    • サスペンションが子ページに対しても有効な場合、同じノードでcq:isCancelledForChildrenプロパティがtrueに設定されます。

これらのプロパティに表示される情報はUIに反映される必要がありますが、トラブルシューティングを行う場合は、MSMアクションが発生したときにリポジトリで直接MSMの動作を確認すると便利です。

また、リポジトリをクエリし、特定の状態にあるページのセットを見つけるためにも、これらのプロパティを知ることが役立ちます。 次に例を示します。

  • select * from cq:LiveSync すべてのライブコピーのルートページを返します。

FAQ

MSMとLive Copyに関するよくある質問を以下に示します。

MSMロールアウト中に一部のプロパティ(タイトル、注釈など)が更新されないのはなぜですか。

MSM同期アクションは詳細に設定できます。 ロールアウト中に変更されるプロパティまたはコンポーネントは、それらの設定のプロパティに直接依存します。

このトピックの詳細については、この記事を参照してください。

作成者グループのロールアウト権限を削除する方法を教えてください。

AEMプリンシパル(ユーザーまたはグループ)に対して設定または削除できる​ロールアウト​権限がありません。

別の方法として、次のいずれかを実行できます。

  • 特定のプリンシパルのロールアウトアクションを非表示にするには、製品UIをカスタマイズします。
  • ロールアウトを許可されていない作成者のライブコピーツリーから書き込み権限を削除します。

サフィックス「_msm_moved」の付いたLive Copyページが表示されるのはなぜですか。

BluePrintページがロールアウトされた場合は、そのLive Copyページを更新するか、まだ存在しない場合は新しいLive Copyページを作成します(初めてロールアウトした場合やLive Copyページが手動で削除された場合など)。

ただし、この後者の場合、cq:LiveRelationshipプロパティのないページが同じ名前で存在する場合は、Live Copyページが作成される前に、それに応じてこのページの名前が変更されます。

既定では、ロールアウトは、ライブコピーページが作成されたときに、設計図の更新がロールアウトされるリンクされたライブコピーページ、またはページが作成されないことを前提とします。

「スタンドアロン」ページが見つかった場合、MSMはこのページの名前を変更し、別のリンク付きLive Copyページを作成することにします。

ライブコピーサブツリー内のこのようなスタンドアロンページは、通常、Detach​操作の結果です。または、以前のライブコピーページが作成者によって手動で削除され、同じ名前で再作成されました。

これを回避するには、デタッチ​の代わりに、ライブコピー​休止​機能を使用します。 この記事の​Detach​アクションの詳細。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now