マルチサイトマネージャと翻訳

Adobe Experience Managerに組み込まれているマルチサイトマネージャと翻訳ツールを使用すると、コンテンツのローカライズが簡単になります。

これらの2つの機能を組み合わせて、多国籍および多言語のWebサイトを対象にできます。

多国籍な多言語サイト

マルチサイトマネージャーと翻訳ワークフローを併せて使用することで、多国籍な多言語サイトのコンテンツを効率的に作成できます。

通常は、1つの言語と特定の国に対してマスターサイトを作成し、必要に応じて翻訳を使用して、そのコンテンツを他のサイトの基盤として使用します。

  1. マスターサイトを異なる言語に翻訳 します。
  2. マルチサイトマネージャーを次の用途で使用します。
    1. マスターサイトのコンテンツと翻訳を再利用して、他の国や文化向けのサイトを作成します。
    2. 必要に応じて、ライブコピーの要素をアタッチ解除し、ローカライゼーションの詳細を追加します。
ヒント

マルチサイトマネージャーの使用を1つの言語内のコンテンツに制限する。

例えば、英語のマスターを使用して、米国、カナダ、英国などのページの英語版を作成します。 ページを作成し、フランス語のマスターページを使用して、フランス、スイス、カナダなどのページのフランス語版を作成します。

次の図に、主な概念がどのように関連するかを示します(関連するレベルや要素のすべては表示されません)。

ローカライゼーションの概要

このようなシナリオでは、MSM は様々な言語バージョンをそのように管理しません。

より高度な使用事例の場合は、MSM を複数の言語マスターにまたがって使用することもできます。

ヒント

いずれの使用例の場合も、次のベストプラクティスをお読みになることをお勧めします。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now