非推奨(廃止予定)の機能と削除された機能

アドビでは、製品の機能を絶えず評価して、常に後方互換性を慎重に考慮しながら、古い機能を作成し直したり、より近代的な機能に置き換えて、お客様にとっての全体的な価値を向上させています。また、Adobe Experience Manager as a Cloud Service はクラウドネイティブなデプロイメントモデルを提供するので、一部の機能はクラウドネイティブな同等機能に置き換わりました。

近い将来おこなわれる AEM 機能の削除や置換を通知するため、次のルールが適用されます。

  1. まず、非推奨(廃止予定)の発表がおこなわれます。非推奨(廃止予定)の機能は引き続き使用できますが、それ以上改善されません。
  2. 廃止予定と発表された機能は、早ければ後続のメジャーリリースで削除されます。削除の実際の目標日が通知されます。

このプロセスにより、機能が実際に削除されるまでに、非推奨(廃止予定)の機能の新しいバージョンまたは後継機能にお客様が実装を合わせるためのリリースサイクルが少なくとも 1 回あります。

非推奨(廃止予定)の機能

ここでは、Adobe Experience Manager as a Cloud Service で廃止予定の機能について説明します。通常、将来のリリースで削除が予定される機能は、まず非推奨(廃止予定)とされ、代替手段が提示されます。

現在のデプロイメントでその機能を利用しているかどうかを確認し、提示される代替手段を使用するために実装の変更を計画するようにお勧めします。

機能 非推奨(廃止予定)の機能 代替手段
Assets 取り込んだ画像を処理する DAM Asset Update ワークフロー 現在は、アセットの取り込みでアセットマイクロサービスが使用されています。
アセット AEM へのアセットの直接アップロード。非推奨(廃止予定)のアセットアップロード API を参照してください。 直接バイナリアップロードを使用。技術的な詳細については、直接アップロード API を参照してください。
アセット ImageMagick などのコマンドラインツールの呼び出しを含め、 ワークフローの特定のワークフローステップDAM Asset Updateはサポートされていません。 アセットマイクロサービスが多くのワークフローの代替機能となります。カスタム処理の場合は、後処理ワークフローを使用します。
アセット ビデオの FFmpeg トランスコード。 FFmpeg サムネールの生成には、アセットマイクロサービスを使用。FFmpeg トランスコードの場合は、Dynamic Media を使用。

削除された機能

ここでは、Adobe Experience Manager as a Cloud Service から削除された機能について説明します。

領域 機能 代替手段
UI (リンクチェッカー、バージョンパージ、一部の Cloud Services 設定など)いくつかの選択機能については、一部のクラシック UI ダイアログが当面そのまま残りますが、一般的なクラシック UI へのアクセスは AEM 製品 UI から削除されました。 標準 UI
Dynamic Media 以前のDynamic MediaクラシックおよびDynamic Mediaハイブリッドモードとの統合は、AEMではCloud Serviceとして使用できません。 Adobe Experience Manager as a Cloud Service で提供される Dynamic Media を使用します。
Sites Portal Director とポートレットコンポーネント これらの機能は AEM 6.4 で非推奨(廃止予定)となり、現在は AEM から削除されています。
サイト デザインインポーター 実行時に AEM リポジトリの不変セクションにアクセスできないので、この機能は削除されました。
アセット Experience Cloud Assets コアサービスおよび Creative Cloud サービスとの AEM Assets の共有は使用できません。 Creative Cloud との統合には、Adobe Asset Link を使用します。

このページ