AdobeIdentity Managementシステム

AEM as aCloud Serviceは、認証用にAdobeIdentity Managementシステム(IMS)で事前設定されています。 以前は、AEMを使用する場合、Active DirectoryやIMSなどのIDプロバイダー(IDP)を設定する必要がありました。

AEM as a Cloud Serviceは、AEMと他のAdobe Experience Cloudの間のログイン操作を統合します。 複数のAdobe製品を持つ組織は、特にAdobe Admin Consoleで役割ベースのグループを作成し、IMSを介してAEMを含む複数の製品にアクセス権を割り当てることでメリットを得ることができます。

このページ