オンボーディングジャーニー

オンボーディングジャーニー

このジャーニーでは、多くのトピックを参照します。次の記事では、AEM as aCloud Serviceのオンボーディング手順に関する基礎知識を提供します。 ジャーニーの特定の部分に直接移動することはできますが、多くの概念はそれ以前の記事の概念に基づいて構築されています。したがって、初めてオンボーディングする場合は、最初から順に開始し、順番に進むことをお勧めします。

# 記事 説明
0 オンボーディングジャーニー このドキュメントでは、以下について説明します。
1
システム管理者
Admin Console
AdobeIdentity Managementシステム
Adobe ID
Cloud Manager<a9/の概要0/>Cloud Serviceチームと製品プロファイルとしてAEM🔗
Adobeサポートへのお問い合わせ
オンボーディングの概念について説明します。
2 オンボーディングの概要 システムへのログインとAdmin Console管理者としてのプロファイルの確認について説明します
3 Cloud Manager製品プロファイルへのチームメンバーの割り当て Cloud Manager製品プロファイルを確認し、Cloud Manager製品プロファイルにチームメンバーを割り当てる方法を学びます。
4 Cloud Managerを使用したクラウドリソースの設定 クラウドリソースの作成方法と実行者について説明します。 さらに、クラウドプログラムと環境の作成方法についても説明します。
5 チームメンバーを製品プロファイルとしてAEMに割り当てるCloud Service システム管理者がチームメンバーを製品プロファイルとしてAEMに割り当てる方法をCloud Serviceします。
6 AEM DevelopersおよびDeployment Managerの学習パス 開発者としてCloud Manager Gitにアクセスして管理する方法、およびデプロイメントマネージャーとしてCloud Managerにパイプラインを設定してコードをデプロイする方法について説明します。
7 AEMユーザーの学習パス AEMオーサーとしてAEMにCloud Serviceインスタンスとしてアクセスする方法と、AEM as aCloud Service用のコンテンツのオーサリングについて説明します。

次の手順

これで、オンボーディングジャーニーを開始する準備が整いました。 ジャーニーの次の部分に進み、オンボーディングプロセスの開始に関する記事をお読みください。

このページ